Search

Contents

Creative Commons License

Powered by
Movable Type 5.12

template by tokyobuddha

太陽光発電16年3か月の発電記録

貞昌院では2003年(平成15)年11月から約5Kwの太陽光発電設備、2016年(平成28年)1月から約5Kw、合計約10Kwの設備を運用しています。
運用から16年3か月が経過しました。

2020(令和2)年1月末までの発電実績データを更新しました。
(クリックすると拡大します)

20200227-02

発電倍額買取制度が運用されてから、日照時間の多い夏季は電気料金(グラフの黄色丸)がマイナス(右目盛り:黒字)になっております。

2016年1月から発電設備を倍増(5.544kwから9.99Kwへ)したため、発電電力が消費電力を上回る余剰電力が増加し、貞昌院で使用する電力量の倍以上の電気を生み出しています。
電気料金(グラフの黄色丸)は、基本料金を加味してもマイナスの月が続き、特に4月、5月は4万円程度のマイナス(つまり、買い取り額のほうが4万円程度多い)となっています。

1年のうち、5月が一番太陽光発電量が多くなる時期ですので、東電からの買入電力量(赤グラフ)よりも余剰電力=売電電力量(青グラフ)のほうが多いこともわかります。

このように貞昌院としては発電電力が消費電力を上回る、ゼロエミッション寺院としてのエネルギー収支が定着するようになりました。
太陽光発電については、運用から15年目に入っても、故障無くきわめて順調に推移しています。

なお、貞昌院と東京電力は2010年2月から倍額買取の契約を結んでおり、KWhあたり48円で東京電力に売電していましたが、2020(令和2)年1月をもって倍額買取が終了となりました。

今後は、おおむねKWhあたり9円程度の買取になります。


コメントはこちらから (0) |