70年目の広島原爆忌

昭和20年8月6日8時15分。
アメリカ軍により広島に原子爆弾が投下されてから70年目の「広島原爆の日」を迎えます。
あらためて犠牲となられた多くの方々に弔意を表します。


過去最多の100カ国とEU参列、中国は欠席 広島市の平和記念式典

広島市は4日、被爆70年となる「原爆の日」の6日に平和記念公園(中区)で催される「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に、過去最多の100カ国と欧州連合(EU)の代表が参列する見通しを明らかにした。これまでの最多74カ国(平成22年)を大きく上回る。米国からはキャロライン・ケネディ駐日米大使のほか、政府高官として初めてガテマラー国務次官も参列する。
初めて参列するのは、スリランカやフィリピンなど7カ国。核保有国では、米国をはじめイギリス、フランス、ロシアが参列。事実上の核保有国とされるインド、パキスタン、イスラエルも参列する。中国は欠席。北朝鮮は未回答。
大使参列国も65カ国で24、25年の40カ国を上回り過去最多となる。国内からは安倍晋三首相や塩崎恭久厚労相のほか、広島市名誉市民で、世界的バレリーナの森下洋子さんらも参列する予定。(産経新聞Sankei west)

広島、長崎への原爆投下から70年が経過し、体験を生の言葉で語ることが出来る方も少なくなりました。
今後ますます戦争があったことや、各都市に空襲があったこと、広島・長崎に原子爆弾が投下されたことも風化していくことが懸念されます。
次世代に受継いでいくために、伝えていくことが大切であると感じます。

JR大船駅西口の大船観音寺には、70年前に投下され多くの命を一瞬で奪った原子爆弾の残り火(平和の火)が灯されています。
この火を大切に守っているのは神奈川県原爆被災者の会のみなさまです。
平和の火を原爆に被災された方自らが、この火を守っている場所は、全国で唯一、大船観音寺ただ一箇所です。
20140806-01
(写真は大船観音寺のキャンドルナイト・平和祈願法要で挨拶される神奈川県原爆被災者代表)


今年9月12日(土曜日)には「第17回 ゆめ観音アジアフェスティバル」が大船観音で開催されます。 
ゆめ観音においても、午後5時30分ごろより、会場に広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)に囲まれた大船観音の白衣観音様の前で平和を願う万灯供養法要を厳修いたします。 
ゆめ観音は、開催17年目を迎えました。

homepage-image

第17回 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船
開催日時 2015年9月12日(土) 11:00~20:30 (雨天時は胎内ギャラリー・事務所・出店のみ)
開催場所 大船観音寺 (鎌倉市岡本1-5-3:JR大船駅西口・湘南モノレール大船駅から徒歩5分)
白衣観音像前ステージ 及び 境内


■ステージ 12:20~
kokanee    (カナダ育ちの兄妹ユニット)
sora    (オーガニック夫婦デュオ)
横濱たんぶう (和太鼓集団)
スミリール    (ジャワ舞踊・ガムラン)
丸義会    (津軽三味線)
SAKARAK    (カンボジア舞踊)
チョムロム・ナータシン・タイ (タイ舞踊)
津軽三味線小山貢憲会 (津軽三味線)
プスパラトナ    (バリ舞踊)
万灯供養    (平和祈願法要)
Devadasi Studio    (ベリーダンス)
スパイシー・トゥムカ(ボリウッドダンス)
美醜    (観音舞琵琶の調べ)

■出展・飲食 11:00~
チニーズ(インド雑貨 スパイス・チャイ)
地球市民ACTかながわ(東南アジア伝統工芸品)
インド政府観光局(インド観光案内)
アショカ(インド料理)
スカイテック(環境展示)
JIAOLIU鎌倉(フラワーペイント)
いんどぱん(アクセサリー・衣装)
ドリーム ブリッジ(手作りキャンドル)
のんのん(大船おにぎり)

◆キャンドルナイト 18:30~
「平和の火」を広げるキャンドルナイト

主催 | ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・第五教区)
後援 | 鎌倉市


■関連ブログ記事

■関連ブログ記事
キャンドルナイトin大船2015開催報告
2014ゆめ観音アジアフェスティバル(1)
キャンドルナイトin大船 開催報告(2014)
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
原爆投下は長崎を最後に
横浜刑務所とテニアン北飛行場
65年目の広島原爆の日に
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: August 6, 2015 7:55 AM

コメントを投稿