植林支援金を寄託

SOTO禅インターナショナル塔婆供養で植林支援は、各方面からのご賛同をいただいており、モンゴルへの植林本数は約10万本になろうとしています。

2011年に寄託いただいた植林支援金をNPO法人GNCに寄託しました。
支援金をもとに、アカマツの苗木が共存の森づくりプロジェクトとして、85年、89年、92年、96年の大火災で約70%(32,000ha)が被害にあったモンゴルの永久凍土地帯に、森林再生のため植樹されます。
今回の支援で集まった分は(2012年4月下旬-5月初旬)の植林を予定しています。

20120126-01

また、昨年の植林については例年より積雪が多く、春と秋の2回に分けての植林となりましたが2011年分2万5千本の苗木植林は無事終了いたしております。
併せて植林報告書を戴きました。

報告書はこちら(PDF)

20120126-02
(細川SZI会長よりGNC矢野さんに寄託)

 



SOTO禅インターナショナル関連の追記

 

第13回ゆめ観音アジアフェスティバル(記事1 記事2 記事3 記事4)で寄託いただいた義捐金につきましては、

入場料より 189,000円を㈶かながわ国際交流財団に
SZIブースの売上金 64,308円を宮城県の御寺院様に
SZIブースのキャンドル売上金 8,000円を㈳新潟市ユネスコ協会を通じ「キャンドルプロジェクト」に寄付させていただきました。

20120126-03
併せてご報告いたします。


■関連ブログ記事
アカマツの赤ちゃんの夢
植林支援金を寄託

モンゴルの植林地を訪ねて

投稿者: kameno 日時: January 26, 2012 7:37 AM

コメント: 植林支援金を寄託

最近ここではご無沙汰しておりました。

この活動は、発案当初から微力ながら協力させて頂いております。

シールや証明書と同時に、今回もリンクして頂いた「活動報告書」を合わせて施主家にお渡ししてきた結果、当寺でも徐々に認知を得るようになってきました。

地道な活動が花開く典型的な活動として、今後も継続をさせて頂く予定です。

事務局の方がたのご尽力に心より敬意を表します。

投稿者 叢林@Net | January 26, 2012 10:27 AM

追記の部分は上の記事とは関係ないのではないでしょうか・・

投稿者 Anonymous | January 26, 2012 5:27 PM

叢林@Netさま
一時的、イベント的な事業ではなく、継続していくことが大切ですね。
特に植林事業は長いスパンでの地道な作業が必要となります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

匿名さま
SOTO禅インターナショナル(SZI)カテゴリーとしての記事です。

投稿者 kameno | January 27, 2012 12:17 PM

コメントを投稿