はやぶさ2カプセルが地球帰還へ

はやぶさ2、カプセル分離成功 6日午前3時ごろ地球到着へ

小惑星探査機「はやぶさ2」は5日午後2時半ごろ、地球から約22万キロ離れたところで、小惑星リュウグウで採取した試料入りのカプセルを本体から切り離すことに成功した。カプセルは6日午前3時前に、オーストラリア南部に着地する予定。探査機は約52億キロに及んだ地球と小惑星の往復を終え、新たに小惑星「1998KY26」に向かうための軌道に入った。
カプセルには、探査機が弾丸を発射して砕いたリュウグウの岩石のかけらが0・1グラム以上入っているとみられている。着地地点となる豪州のウーメラ砂漠で待ち構える宇宙航空研究開発機構(JAXA)の回収チームが発見し、速やかにチャーター機で日本に空輸する。
はやぶさ2はカプセル分離後、地球の重力に捕まらないように化学エンジンを強く噴射した。6日には地球の表面から約290キロまで接近し、大気圏に突入して発光するカプセルの写真撮影にも挑む。その後は太陽の周りを約11周し、約100億キロ飛行して2031年7月、1998KY26に到着する計画だ。
10年に小惑星イトカワから帰還した初代「はやぶさ」は、探査機ごと大気圏に突入して燃え尽きた。はやぶさ2は、トラブル続きだった初代とは異なり機体の健全性が保たれている。主エンジンの燃料も半分以上残っていて、今年9月、新たな探査が設定された。1998KY26は直径約30メートルの小型小惑星。試料採取は行わず、上空からカメラなどで観測する。JAXA宇宙科学研究所の久保田孝教授は「これで『はやぶさ2』のミッションは完璧にこなし、新たな旅立ちに着手した。若い人たちがまた新たなチャレンジをしてくれると期待している」と話した。
(2020/12/5 Yahoo!ニュース配信)


いよいよ、はやぶさ2が地球に帰還するための軌道に入りました。
このブログを書いている時点で、地球まで約7万キロ。

  ※5年前、2015年12月3日に、地球をかすめるスイングバイで一気に小惑星りゅうぐうにむかう「はやぶさ2」を貞昌院から見送りながら撮影した写真はこちら

夜半過ぎ、分離されたカプセルが日本時間午前3時ごろにオーストラリアに着陸する予定です。
↓JAXA特設サイトにリンクします。

20201205-01

小惑星リュウグウのカケラが地球に届けられることを期待します。
おかえりなさい!


■関連ブログ記事


はやぶさ関連
かぐやがアポロ15号の噴射跡を撮影
上弦の地球に思いを馳せ
はやぶさ世界初の小惑星着陸
X線観測天文衛星「アストロE2」打ち上げ
子共たちに理数系の面白さを!
祝・H-IIAロケット打ち上げ成功
月に多量の水が存在する可能性
はやぶさ、6月13日帰還へ
はやぶさに願いを
小惑星「東北」 3.11に輝く

はやぶさ2関連
明日から臘八攝心 あかつき・はやぶさ2
貞昌院からはやぶさ2は見えるか?
はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに着陸

投稿者: kameno 日時: December 5, 2020 11:40 PM

コメントを投稿