貞昌院からはやぶさ2は見えるか?

小惑星リュウグウへ向かう「はやぶさ2」のスイングバイを、ここ貞昌院(横浜市港南区)から観測できるかチャレンジしてみました。

軌道を計算すると、日本時間の12月3日18:44過ぎに北極星(αUMA)の近くを通るようなので、CanonEoskissX7+Tamron 200-400ズームレンズ400mm側にて。


かなり早い速度で通過するはずなので、ISO3200、露出15秒で撮影。18:44:50から18:45:05までの15秒間です。
北極星は2等星、その上に写っている2番めに明るい星は6.5等星です。
ということで、横浜でもかなり暗い星まで写すことができることがわかります。

北極星の左上に水平に光の筋が写っています。
これがもしかしたらはやぶさ2でしょうか?(他の人工衛星の可能性もあるのでまだ断言はできません)

 


画像をクリックすると拡大します。

20151203-01

はやぶさ2だったら良いのですが・・・・

まあ、いずれにせよ、この時刻に北極星の近辺を通過したことは間違いないわけで、地上からエールを送っておきました。

 
ちょうど1年前に打上げられた「はやぶさ2」は、このスイングバイにより速度を増し、小惑星「リュウグウ」に向けて軌道を修正したのです。

 


小惑星探査機「はやぶさ2」@haya2_jaxa

【速報】プレスリリース『小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイ実施について』より抜粋 「NASA深宇宙ネットワーク局の支援を受けた探査機運用により、再接近後の探査機の状態は正常であることを確認しました」
(公式ツイート 20:38)


投稿者: kameno 日時: December 3, 2015 7:44 PM

コメントを投稿