はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに着陸

小惑星探査機「はやぶさ2」第1回目タッチダウン成功について

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」を小惑星Ryugu(リュウグウ)へ接地(タッチダウン)させ、リュウグウの試料を採取する運用を実施しました。
「はやぶさ2」から送られてきたデータを確認した結果、サンプル採取のためのプロジェクタイル(弾丸)の発射を含む「はやぶさ2」のタッチダウンのためのシーケンスが実施されたことが確認できました。「はやぶさ2」の状態は正常であり、今般、リュウグウへのタッチダウンを成功させることができました。
(平成31年2月22日 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構プレスリリース)

20190222-01
タッチダウン直後の画像、ONC-W1による撮影
撮影時刻:2019/02/22 07:30頃(機上時刻)
高度:30m以下

画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研


JAXA(宇宙航空研究開発機構)が運用する探査機「はやぶさ2」が、ついに小惑星「りゅうぐう」に着陸しました。
小惑星りゅうぐうは、現在地球から3億kmの位置にあり、遠隔操作によって2019年2月22日午前7時29分に着陸を果たしました。
目標着地ポイントから半径3m以内の精度での着陸を成功させたことは、日本の持つ高い技術力を示すものになりました。
今後は、今年夏までに再度着陸を行い、サンプルを採取した後、2020年末に地球に戻る予定です。

小惑星の岩石を分析することにより「生命の起源」に関する研究が飛躍的に高まることが期待されます。


下写真は 2015年12月3日に、地球をかすめるスイングバイで一気に小惑星りゅうぐうにむかう「はやぶさ2」を貞昌院から見送りながら撮影したものです
(クリックすると拡大します)
来年末の帰還が本当に楽しみです。

20151203-01_5


■関連ブログ記事

はやぶさ関連
かぐやがアポロ15号の噴射跡を撮影
上弦の地球に思いを馳せ
はやぶさ世界初の小惑星着陸
X線観測天文衛星「アストロE2」打ち上げ
子共たちに理数系の面白さを!
祝・H-IIAロケット打ち上げ成功
月に多量の水が存在する可能性
はやぶさ、6月13日帰還へ
はやぶさに願いを
小惑星「東北」 3.11に輝く

はやぶさ2関連
明日から臘八攝心 あかつき・はやぶさ2
貞昌院からはやぶさ2は見えるか?

投稿者: kameno 日時: February 22, 2019 11:34 AM

コメントを投稿