時間の流れ-總持寺授戒会編

平成26年の大本山總持寺報恩授戒会の全日程(4月10-16日)が終了し、完戒を迎えました。

衆生 仏戒を受くれば 即ち 諸仏の位に入る
位 大覚に 同じうし 已る 真に是れ 諸仏の子なりと
『仏祖正伝菩薩戒作法』

戒師(大本山總持寺貫首禅師)から授かったお釈迦様から数えて八十八代目の仏様が誕生し、諸仏と同じ位に就かれたわけです。
一週間は長いようで、終了してみればあっという間だったという印象もあります。
それだけ密度の濃い日程でした。

大本山總持寺授戒会第1日
大本山總持寺授戒会第2日
大本山總持寺授戒会第3日
大本山總持寺授戒会第4日
大本山總持寺授戒会第5日
大本山總持寺授戒会第6日
大本山總持寺授戒会第7日

 

完戒された皆さま、誠におめでとうございました。
この授戒会に随喜するために、毎年4月9日午後1時過ぎから大本山總持寺に入り、8日間總持寺で過ごしております。

出発前と帰ってからの貞昌院の山の様子はこんなにも変化しておりました。

20140409-05

  ↑4月9日 ↓4月16日

20140416-01

ソメイヨシノはすっかり新緑に移り変わっています。
可愛らしい花が咲いていたイロハモミジも鮮やかな緑色に。
ひときわ目立つ鮮やかな桃色はスオウと花桃です。


行き帰りは、2つの記者会見を聞きながらの道中となりました。
(左)4月9日午後1時ごろ (右)4月16日午後5時ごろ
obokatasasai
ゆっくりと聞いていたかったけれども、ごく一部しか聞けず、残念。
(写真は時事通信のニュースより引用)


■関連ブログ記事
時間のながれ
時間のながれ2
時間のながれ3
時間の流れ4
投稿者: kameno 日時: April 16, 2014 6:49 PM

コメントを投稿