13.0.0.0.0 Happy New Long Count!

今年も残すところ10日となりました。
いよいよ年の瀬も大詰めを迎えています。

今日、2012年12月20-21日でマヤ暦が終わりとなるので、お隣の国から伝わってくるニュースのように「世界が終わる」と考えている方々も多いようですね。
その根拠となっているのが、メキシコ・タバスコ州のトルトゥゲーロ(Tortuguero)遺跡で見つかった石板(Monument 6)だそうです。
しかし、その石板には世界の終わりとはかかれておらず、とある支配者の戦いの生涯が記されているだけ、という見方が有力です。

ノストラダムスの予言にしろ、某宗教のハルマゲドンにしろ、終末論はいつも私たちの周りを騒がしていますね。

 

折角なので、マヤ暦がどういうものなのかを調べてみましょう。

Mayacal

マヤ文明は、天文学に優れた知見をもっており、精巧な暦を作成して使用していたとされます。
まずは短期カレンダーです

(1)260日で1周するカレンダー「ツォルキン」…宗教的・儀礼的な役割をもつ
(2)365日で1周するカレンダー「ハアブ」…太陽暦に近いカレンダー

この2つのカレンダーの組み合わせで「カレンダー・ラウンド」を作りました。
260と365の最小公倍数の18,980日が「カレンダー・ラウンド」とされ、約52年の長さとなります。
だいたい人の一生分の長さくらいですね。

 

このほか、マヤ文明では長期暦(ロング・カウント)が用いられており、起算日は紀元前3114年とされています。
長期暦の単位は

  • キン Kin = 1日
  • ウィナル Uinal =20キン
  • トゥン Tun =18ウィナル
  • カトゥン Ka'tun =20トゥン
  • バクトゥン Bak'tun =20カトゥン

となります。
すなわち、1バクトゥンは 20×18×20×20=144,000 キン =144,000日(おおむね394年)です。

バクトゥンは宗教的な意味を持つ13周で終了するということなので

144,000×13 = 1,872,000 日(約5,125年)で終了となります。

マヤ暦は紀元前3114年8月11日が起算日(0バクトゥン.0カトゥン.0ウィナル.0キン)とされていますので、それによると、昨日
2012年12月20日が 12バクトゥン.19カトゥン.19トゥン.17ウィナル.19キン   となり、13番目の12バクトゥンが満了となる日となります。

ーーーーーーーーーーーーー

そして、今日から新しいマヤ長期暦へ!
2012年12月21日は再び   0バクトゥン.0カトゥン. 0トゥン.0ウィナル.0キン!

今日はマヤ長期暦には無い新しい第一歩の日ということになります。
新しいマヤ長期暦おめでとう!!!!

今日はゆず湯にゆっくり浸かってお祝いしたいと思います。

 

追記 いろいろな資料を調べてみると、バクトゥンよりさらに長い単位

1 Pictun = Bak'tun
1Kalabtun = 20 Pictun
1 K'inchiltun=20 Kalabtun
1Alautun=20 K'inchiltun

などというものがあり、それによると、1Alautunは63,123,288年という途方も無い長時間になります。
それでもまだまだ大宇宙、大自然の尺度からするとほんの刹那の概念でしかありません。
結局私たち人類の歴史なんていうのは、大宇宙、大自然の尺度からするとほんの一瞬、そんな中で終末だ何だと騒いでいるだけのちっぽけな存在なのですね。

投稿者: kameno 日時: December 21, 2012 2:47 PM

コメント: 13.0.0.0.0 Happy New Long Count!

何だか、この世の中で人間の欲望に踊らされているように感じます。

私たち人間のDNAを一本の糸に繋ぎあわせれば、太陽と地球の間を
八往復するほどの長さになるそうですね。それらの遺伝子は、
親から子供へ、その0.2%がコピーされて引き継がれているそうです。

その上で、私たち一人一人は約三百兆分の一の確率でこの世に生まれて
来たのだそうですね。(何と、一億円の宝くじが連続して百万回当選する
よりも低い確率だそうです)

 そのようなことを考慮すれば、私たちの体内には数百万人以上のご先祖様
の遺伝子を引き継いでいる、つまり無数のご先祖様と一緒に、この世で生活
していることになるのですね。

 このようなことを考えながら私は毎年四回の墓地掃除をしたり、
先祖さま方に感謝しつつ生活しています。

次の言葉が好きです。

・神の力で解放され、守られ、導かれている。

・「常に、神に導かれていることを、私は信じます。
  常に、正しい道を歩んでいることを、私は信じます。
  常に、神が道なきところにも道をつくられることを
  私は信じます」

・「無生法忍」

・「煩悩障眼雖不見・大悲不倦常照我」

私は、いつも太陽とご先祖さま方と神様に感謝しながら生きています。

以上、乱文にて失礼しました。お許しください。

投稿者 zazen256 | December 22, 2012 4:50 AM

zazen256様
コメント有難うございます。
ちっぽけな存在からは想像を絶する「サムシンググレイト」に感謝したいものです。

投稿者 kameno | December 22, 2012 10:03 AM

コメントを投稿