二重ガラス窓とコルク床

客殿の二重ガラス窓とコルク床です。
室内の快適性と環境性能を考えて、改築の際の必須項目としました。

最近はめっきり寒くなりましたが、室内を暖房しても全く結露しないということが素晴らしいです。
ガラス面を触っても全然冷たくありません。
コルク床も優しい暖かさで、とてもよい感じです。

貞昌院にお越しの際は是非ご覧ください。

20061123.jpg




【二重ガラス】
複数枚のガラスを組み合わせたサッシのこと。
ガラスの間に空気層を作り出すことにより、部屋の内外の温度差が原因となる結露の防止が図られるほか、防音対策、高断熱化による冷暖房効率の向上(燃料費の削減)の効果も期待できる。

【二重ガラスの特徴】
(1)断熱効果
複層ガラスとは2枚のガラスを重ね、その間に空気等の中空層をつくっています。このことにより、普通のガラスにくらべて熱を外に逃しません。室温が外気温に左右されにくくなります。

(2)省エネ・地球温暖化防止に
室内の熱が逃げなければクーラーもヒーターも効率的に運転できます。
光熱費を節約することができます。
また、エネルギーを消費量が少なくなるので、CO2の排出量が減り、地球温暖化の防止にもなります。 

(3)結露防止
外気温と室温に差があっても、結露することはほとんどありません。

(4)防音性
二重のガラスと空気の中間層により、外の音を効率的に遮断します。


【コルク】
コルク(英:Cork)はコルクガシの樹皮のコルク組織を剥離、加工したもの。弾力性があり水をほとんど通さないためワインの瓶の栓や、野球の硬式球などに使われている。端材を加工することで床材としても利用されている。


【コルク床の特徴】
(1)弾力性・防滑性
コルクには1cm3あたり4,200万個もの細な気泡が含まれており、しなやかな弾力性をもち、歩行感の良さをもたらします。
また、摩擦抵抗係数が高く、滑りにくく、もし転倒しても衝撃を吸収する性質があります。

(2)低放熱性
他の一般木質床材に比べて保温性が高く、床表面温度が下りにくいため、裸足でも温かく感じます。

(3)断熱性
コルクの熱伝導率は毛布とほぼ同じです。放熱はもちろん、外部からの湿気の侵入を効果的に防ぎ、適温を維持しますので、冷暖房費の省エネ化にも貢献できます。

(4)耐久性
表面加工がなされているので、耐摩耗性に優れます。

(5)吸音性
微細な気泡により、足音や物を落とした音などの生活音や衝撃を吸収します。

(6)耐水性
吸水率が低いので、水まわりの床材にも適しています。

(7)耐薬品性
シンナーを除いた、ほとんどの薬品に対して化学作用がなく、有害ガスを発生することもありません。

(8)防虫・低アレルギー性
コルクは組織構造が緻密であることに加え、他の木材より腐食しにくい細胞質を持っているため、虫が付きにくいため、シロアリやダニなどの発生を抑えられます。
また、自然素材ですから、各種のアレルギーにも強い建材になります。

投稿者: kameno 日時: November 23, 2006 11:39 AM

コメントを投稿