石積工事まもなく竣工

2月中旬より進められている貞昌院境界法面の石積み工事が終盤を迎えています。

20140314-0120140314-0720140314-05

これまでは自然勾配の畦畔地でしたが、石積みにより平らな部分が広がり、境内の使い勝手がかなり良くなりました。

また、景観も見違えるようになっています。
20140314-04

20140314-12

公道との境界も、境界石で明示されました。

20140314-10

春彼岸にお参りの際には、是非新しい石積みを御覧ください。

 


この部分は、かつて公道に面する法面であり青地(畦畔)でしが、時効取得により境内地に繰入れることができました。
高低差が2メートル近くありますので、併せて石積みを行い、整備をすすめています。


■関連ブログ記事
青線を無くす闘い
時効取得保存登記完了
法面石積工事の進捗状況

投稿者: kameno 日時: March 14, 2014 10:23 PM

コメントを投稿