6月30日 夏越の大祓

早いもので、今年も、もう半分が過ぎようとしています。
隣の永谷天満宮では、境内に茅の輪=(カヤで作られた大きな輪)が取り付けられました。
明日(6月30日)に行われる夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)の準備です。

夏越の大祓
開催日時 平成25年6月30日(日)午後3時15分受付開始、4時より神事
場所 永谷天満宮境内
初穂料 一人500円以上、お心もち (ご参列の方に「茅の輪守り」を授与します)
予約の必要はありません。当日直接天満宮にお越しください。

20130629-01


カヤは古代から日本人の生活に深いかかわりを持ってきました。
非常に強い草で、丈夫な地下茎をもち繁殖します。

夏越しの大祓は、正月から六月までの半年間に、積み重なった罪穢(つみけがれ)を祓う伝統的な儀式です。
茅の輪をくぐることにより、疫病や罪蔵が祓われるといわれています。

20130629-02

永谷天満宮では、毎年6月30日午後に茅の輪くぐりの神事が行われます。
くぐり方は左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。
こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。

茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

境内の紫陽花も、見ごろの終盤を迎えました。
併せてぜひご覧ください。

20130629-03


■昨年の記録はこちら⇒夏越の大祓2012
投稿者: kameno 日時: June 29, 2013 10:15 AM

コメントを投稿