フリスクフォン+XPERIA mini pro

今使っている電話、ウィルコムのHYBRID W-ZERO3は機種変更から2年半ほど使用しています。

この機種は、ハイブリッドというだけあって、PHS(誰とでも定額)と3G通信(イオンのB-mobile)を同時使用出来る優れもので、これのお陰で通信費が激減しました。

例えば、5月の電話料金はこのような感じです。
20120610-01
※この他、3G通信(イオンのB-mobile)が980円かかります
電話料金、通信料金固定で、基本料金込で月4千円程度で済んでいます。


 

さすがに2年以上使用していると、端末が古くなり、買い替えを考えるところですが、なにぶん魅力的な機種がない・・・
i-phoneも考えましたが、キャリアに縛られるのも癪ですし、通信料金が4倍ほどに上がってしまうというのも何か嫌です。

いろいろ思案した結果、ウィルコムの「フリスクフォン」+「Sony Ericsson XPERIA mini pro SK17」の2台持ちということになりました。
ただし、「フリスクフォン」は今年年始に発売直後即販売終了、「Sony Ericsson XPERIA mini pro SK17」は日本では販売していなません。
しかし、便利な世の中になりました。

「フリスクフォン」は、新古品がショップに在庫1であったものをゲット。
「Sony Ericsson XPERIA mini pro SK17」は180ドルほどで輸入できました。

20120610-05
フリスクフォンはさすがに小さい。
小ささに感動すら覚えます。

20120610-0320120610-04
XPERIA mini pro SK17 にはiijmio のSIMカードを挿入します。
通信速度は多少遅いですが、ブラウジングやメールなど通常仕様には全く問題なし。
何よりサクサク動くこと、物理キーボード付きということが大きいです。

テザリングもできます。

 

20120610-02
3台並べてみました。
左が、これまで使ってきたHYBRID W-ZERO3
中がXPERIA mini pro SK17
右がフリスクフォン

2台持ちになりますが、通話・通信料金は現在の環境を引き続き継続することができます。
○年縛りもキャリア制限もありません。
ありがたいことです。


■追記
XPERIA mini pro SK17 を、早速アンドロイド4.0にアップデートしました。
なかなかいい感じです。
20120610-07


■関連ブログ記事

スマホ乗り換えで通信費はどうなる?

投稿者: kameno 日時: June 11, 2012 8:27 AM

コメントを投稿