春彼岸のダイヤモンド富士2012

今日はお彼岸の中日。
暖かい好天に恵まれましたので、お墓参りをされた方も多かったことでしょう。
ご先祖様、亡き方に思いを馳せる行事は、日本に伝わる良い伝統であると感じます、


春分の日の今日、教区2か寺の彼岸会法要に随喜させていただきました。
その帰路、日限山・舞岡付近でダイヤモンド富士を眺めてみました。

今年は雲が多く、富士山頂に掛かる太陽のシルエットは望めませんでしたが、夕焼け雲の美しい変化を堪能できました。

20120320-08
2012/3/20  17:39

20120320-09
2012/3/20 17:40

20120320-10
2012/3/20 17:41

20120320-11
2012/3/20 17:42

20120320-12
2012/3/20 17:43

20120320-13
2012/3/20 17:48

20120320-14
2012/3/20 17:55

 

彼岸(ひがん)は、、現世=比岸(しがん)に対し、向こう岸という意味です。
苦悩と煩悩から離れ、寂静の世界である彼岸は、西方浄土(西方のはるか彼方)にあると考えられました。このことから、太陽が真西に沈む春分と秋分の日には、現世と極楽浄土が最も近くなるとされていますす。

お彼岸はご先祖様のいらっしゃる世界と交流ができる期間とされ、先祖供養する習わしとして定着しました。

曹洞宗では極楽浄土という考えは用いませんが、お彼岸にお墓参りをする習慣は、この思想に基づいているといえます。
家族・親族・ゆかりの人々が墓参りをし、ご先祖様や故人を偲び、報恩のご挨拶をする、この日本の良き習慣をいつまでも伝承していきたいものです。

20120320-15
2012/3/20 17:55

貞昌院では、先週墓地清掃を行なっております。
きっと気持ちよくお参りいただけることでしょう。


■関連ブログ記事
昨年の春彼岸ダイヤモンド富士の写真はこちら

投稿者: kameno 日時: March 20, 2012 7:22 PM

コメントを投稿