いのちを見つめる集い

伝統仏教超宗派で運営されている仏教情報センターの活動の一つに 仏教ホスピスの会・いのちの集い があります。
運営担当日にあたっていますので出かけてきました。

会場は町屋の泊船軒です。
-------------------------------

『いのちを見つめる ~生きることのおそれ~』    
真宗大谷派 皆念寺住職 春近敏 師

----------------------------
第一部は講演会

20101216-01

第二部は、講師・僧侶・参加者が車座となり意見交換が行われました。

20101216-02


『 仏教ホスピスの会 』は広く仏教の精神を、『 聞・思・修(もん・し・しゅ)』し、出会いを喜び、ふれ合いを楽しみ、支え合いの手を差し伸べ合い、病む者、健やかな者の区別なく、共に”生・老・病・死”を語り見つめ直すことを目的にしています。

「 いのちを見つめる集い 」は、寺の本堂を会場に、毎月いろいろな分野の方を講師にお招きして1時間ほどお話をしていただいております。休憩(ティータイム)のあと約2時間、参加者・講師・僧侶による語り合いの場を提供しております。

 

次回は1月27日(木曜日)です。

第202回『いのちを見つめる集い』
日時 1月27日午後1:30~4:30 語り合い 午後2:30~4:30
場所 臨済宗 泊船軒(荒川区荒川7-17-2 町屋駅徒歩1分)
『いのちを見つめる 死別悲嘆をいやす智慧 ~断絶感と連続観の在り方~』    
講師 中野東禅 師
お申込お問い合わせは仏教情報センター事務局03-3813-6577へお願いします。

これまでの講演録はこちらです。
仏教情報センターいのちを見つめる集い講演録


■関連ブログ記事
仏教ホスピスの会いのちの集い
ひっきりなしの電話
仏教テレフォン相談から見えること

投稿者: kameno 日時: December 17, 2010 6:25 PM

コメントを投稿