ようこそルーリン彗星

数万年に一度やって来るルーリン彗星が見頃となりました。
地球への最接近は2月24日。

双眼鏡で観測すると、ここ貞昌院でもぼやーっとした姿を見ることが出来ました。
現在はおとめ座(Virgo)の一等星スピカと土星の間に位置しており比較的見つけやすいので、こちらを参考に是非夜空を見上げてください。

デジタルカメラで撮影してみました。

20090219-01.jpg

コンポジット(ノイズを減らすために複数の写真を重ねて1枚の写真に合成すること)をしなくてもその姿がはっきりと写ります。
土星とのランデブーが見られる23日の夜が楽しみです。
晴れるといいな。


 ↓彗星の部分をトリミング

20090219-02.jpg

それにしても緑色ですね?



■関連ブログ記事
一期一会 ルーリン彗星

投稿者: kameno 日時: February 19, 2009 2:31 AM

コメント: ようこそルーリン彗星

> kameno先生

今日は、よろしくお願いします。

ところで、彗星がらみで思い出したのですが、先生の近くで、彗星研究の第一人者の葬儀があるようですが、関係はあるのでしょうか?

ttp://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/CO2009021701000886.html

気になりましたので、コメントしました。

投稿者 tenjin95 | February 19, 2009 8:03 AM

tenjin95さん
太陽系プラズマ物理学の第一人者でもありますね。
別の曹洞宗寺院の檀家さんですので、貞昌院で葬儀を執り行うわけではないのですが、この時期に間近で葬儀が行われるということに縁を感じます。
心より哀悼の意を表します。

投稿者 kameno | February 19, 2009 8:23 AM

ルーリン彗星、肉眼でみてみたいです。我が家の周りの空は明るいので、はたして見えますか。また報告致します。

投稿者 風月 | February 19, 2009 5:04 PM

風月様
ルーリン彗星は真夜中に真南の空上空に見えます。
青白い一等星、乙女座のスピカと、その右上の黄色く輝く土星の間にルーリン彗星が位置します。
青緑色にぼんやり輝いていますので、街中で肉眼で見ることは難しいと思いますが、双眼鏡であればきっと見えると思います。とても幻想的な光景です。

投稿者 kameno | February 20, 2009 9:01 AM

コメントを投稿