共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い

陣内サプライズ弾き語りに紀香は涙


 30日に兵庫県神戸市のホテルオークラで盛大に開かれた、女優・藤原紀香(35)とお笑いタレント・陣内智則(33)の結婚披露宴は、サプライズ企画の連続だった。会場では、郷ひろみ(51)が名曲「お嫁サンバ」を歌い、キャメロン・ディアス(34)がコメントを寄せ、東国原英夫知事(49)が爆笑の夫婦円満?アドバイスを送った。新郎・陣内はコブクロの「永遠にともに」をピアノの弾き語りで披露。紀香にも内証で、この日のために3カ月間ピアノの弾き語りを続けていたという。けなげな年下のだんなの姿に、紀香が思わず大粒の涙をこぼした。
 紀香を「陣内は、サプライズでコブクロの「永遠にともに」を披露した。緊張して歌う陣内の姿に、一緒に口ずさむ紀香も涙、涙…。紀香は「深い愛情を感じました。でも普段は音痴なんです」と正直な感想を漏らしていた。



格差夫婦なんていわれたり(いつもニュースになる時は、藤原紀香の名前が先に書かれるんですよね)していますけど、本当に自然体で素敵なカップルだと思います。


披露宴での陣内智則は本当に素敵でした。
コブクロの「永遠にともに」の選曲も素晴らしいけれど、「打ち合わせだから」とごまかしながら、3カ月間ピアノの秘密特訓をしたというエピソードが泣かせます。

共に歩き 
共に探し 
共に笑い 
共に誓い
共に感じ 
共に選び 
共に泣き 
共に背負い
共に抱き 
共に迷い 
共に築き 
共に願い・・・・・・・

いつの日も どんなときも‥

この名曲、「永遠にともに」は、 ⇒ここから ビデオクリップが視聴できます。


披露宴でのその場面を見て、貞昌院で行われている仏前結婚式でのナレーション


幾重にも幾重にもつながる存在の、その連なりの中で、お二人は出会われました。
<中略>
生きるということは、私たちにとって最も基本的な願いです。しかし、全てが移り行くこの世のなかでは、その願いのことごとくが裏切られます。老い、病、そして死。それは「人間の悲しい重荷」ということができるかもしれません。
しかし、人は悲しみを分かち合うことで、慈しみを持つことができます。そして、慈しみを、相手に求めるだけではなく、お互いに与え合うことができるのです。
人は慈しみを与えることで、「悲しい重荷」を共に背負うことができるのです。
出会い、分かち合い、与え合う。そのような人のことを仏教では「よき友」と呼びます。
お釈迦さまは「よき友と出会うことは、人生の初めでも、半ばでもない。それは人生のすべてである。」と教えてくださいました。
お釈迦さまの前で結婚式を挙げるということは、夫婦となるというだけではなく、同じ人生を歩む、何ものにも代えがたいよき友を得ることでもあるのです。

を重ね合わせていました。

コブクロの「永遠にともに」・・・本当にいい曲ですね。
人生のよき友を得られたお二人に、心より祝福の意を表します。


【関連トピックス】

紀香さん陣内さん生田神社で挙式

仏前結婚式の新たな試み

投稿者: kameno 日時: May 31, 2007 8:37 PM

コメント: 共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い

う?ん!結婚式に新郎が新婦に弾き語り!いいですね?♪♪
昔、西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら」という曲。
あれとてもじいん?ときてしまう。
本とは音痴だけれど、一生懸命練習して立派に歌えた。ってところが、素晴らしいですよね。
ピアノが弾けなくても歌、上手じゃん。とツッコミいれたくなる位、よかった。

ウチの(主人)は音痴のうえに、楽器なーんもダメだからなあ・・
私のほうはは学生時代ブラスバンドだったし、カラオケもDisco も歌って踊れる看護婦サンだった・・・・・・(汗)
音楽大好き、カバー範囲広すぎ。

そんなわけで、愛の歌は私が歌い、ダンスも舞も私がやるのです。
半分趣味だったりして。

kameno様は歌謡曲はどうですか?

投稿者 ゆが | June 4, 2007 11:10 AM

上手い下手ということよりも、どれだけ気持ちがこもっているかですよね。
ゆがさん、いい趣味をお持ちですね。

投稿者 kameno | June 5, 2007 12:58 AM

コメントを投稿