知床を世界遺産登録=自然分野で国内3カ所目

南アフリカ共和国で開催中の第29回国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は14日午前(日本時間同日夜)、新規登録候補地に関する審議を行い、日本が自然遺産候補に推薦していた知床(北海道)を世界遺産リストに登録することを決定した。国内の自然遺産は、1993年12月に登録された白神山地(青森、秋田両県)、屋久島(鹿児島県)に次いで3カ所目。文化遺産も合わせると13カ所目となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050714-00000111-jij-soci




北海道の雄大な自然遺産が世界遺産として登録されることが決定しました。
さっそくGoogoleMapで見てみましょう。

http://maps.google.com/maps?ll=44.208838,145.221861&spn=0.262882,0.317350&t=k&hl=ja

知床五湖以東の観光客への制限はかなりされているとはいえ、世界遺産登録される事により、自然破壊が進まない事を願うばかりです。

【関連リンク】熊野古道、光と影 世界遺産登録から1年


北海道には学生の時に数ヶ月掛けてユースホステルを拠点に旅行したことがあります。
もちろん、知床半島も廻りましたが、当時はまだ旅行者も少なくのんびりとした旅ができました。

知床大橋から硫黄岳を望む
20050714-1.jpg

カムイワッカ湯の滝。
現在はかなり観光客が多いところです。
20050714-2.jpg

男の泪という滝に続く道。
有名な乙女の泪の奥にあります。
こういう何でもない道を数十分歩いた先に滝があります。(現在は立ち入り制限中)
20050714-3.jpg

男の泪の断崖。
この下に雄大な滝があります。
20050714-4.jpg

世界遺産登録のニュースに、久しぶりに古いアルバムを見返してみました。
手付かずの大自然を後世に受継いでいきたいものです。
20050714-5.jpg

投稿者: kameno 日時: July 15, 2005 8:10 AM

コメントを投稿