台風が東北地方初上陸へ-関東は台風一過

台風10号、東北上陸へ=大雨暴風、高潮に厳重警戒


大型で強い台風10号は30日午後、福島県沖を北上した。
夕方ごろに岩手、宮城両県付近に上陸して青森県西部付近へ縦断し、深夜に日本海に抜ける見込み。北海道東部や東北では局地的に激しい雨が降り、一部地域に土砂災害警戒情報が出された。気象庁は河川の氾濫や土砂災害、暴風、高波・高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。
台風が東北地方に太平洋側から上陸すれば、1951年の統計開始以来初めて。
日本航空と全日空などは30日に東北や北海道の空港を発着する便を中心に計100便以上の欠航を決定。JR東日本によると、東北・北海道、秋田新幹線の上下計50本以上を全面運休などとし、東北線の一部区間などで運転を見合わせた。
10号は30日午後2時、福島県いわき市の東約110キロの海上を時速35キロで北北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。北東側220キロ以内と南西側110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側600キロ以内と北側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
31日正午までの24時間雨量は多い所で、東北250ミリ、北海道200ミリ、北陸100ミリと予想される。北海道と東北、関東の最大瞬間風速は35~50メートル、波の高さは8~10メートルの見込み。
(時事通信 8月30日(火)15時41分配信)



台風10号は、発生後西南に進路を取り、沖縄周辺で1週間近く停滞した後「大型で非常に強い」台風となり一転北東に進路を変えました。
8月30日午後3時には宮城県沖に達し、夕方には東北地方に上陸、横断する見込みです。
台風が東北地方に直接上陸することは観測史上初のこととなり、異例づくめの台風となりました。

関東地方では、昼過ぎまで断続的な雨が降りましたが午後3時を過ぎてから急速に天気が回復し、青空が広がっています。
写真は北方向に進む台風の最後の雲をパノラマで撮影しました。
20160830-01

台風は弱まってきているとはいえ、まだまだ強い勢力を保っているようです。
被害が広がらないことを願います。

投稿者: kameno 日時: August 30, 2016 5:02 PM

コメントを送る