おうちのお米をそのままパンに

久し振りに「買ってみたい!」と思える家電製品が発表されました。

おうちのお米をそのままパンに。
GOPAN(ゴパン)

200714-02

 

その特徴は

1.世界初※1 「全自動お米ミル機能」搭載でおうちの"お米"が、そのままパンになる
2.小麦成分の苦手な方にもおすすめ 「小麦ゼロコース」搭載
3.小麦はもちろん、玄米や雑穀米などのお米にも対応する全22種類のコース搭載

ということです。

作りかたは洗った米と水、塩や砂糖などの材料を入れるだけ。
水に漬けた米を切削してペースト状にし、生地コネ、発酵、焼成まで全自動約4時間で米のパンが焼き上がります。

さまざまな材料から作られる様々な味の焼きたてパンを楽しむことはもちろん、何より「生米」から手軽にパンを作ることができる機能が画期的です。

お米は日本人にとって大切な主食でありますが、食材の多様化に伴って米食の割合が低下しています。
小麦など、そのほとんどは輸入食材ですから、食料自給率も低下の一途です。

この状況を無理なく解決し、日本の第一次産業をも喚起するきっかけになる製品であると期待しています。
日本の経済を復活させるためには内需の喚起と国内産業の活気がかかせません。
さらに、家族みんなが揃って朝食をとる場をも提供する製品ともいえます。

給食のパンなどを小麦のパンから「米パン」にしていくことによって国産由来食材の比率を結果的に増やしていくこともできそうですね。

とにかく秋の発売が楽しみです。


■関連ブログ記事

田んぼは風景や生き物をつくる土台

小学生の体験学習発表
日本SHOCK!

投稿者: kameno 日時: July 14, 2010 7:03 AM

コメントを送る