曹洞宗の経典 般若心経(はんにゃしんぎょう

曹洞宗の経典


般若心経(はんにゃしんぎょう) 

般若心経は、曹洞宗に限らず様々な宗派で読まれるお経です。
いま一般に用いられる漢訳は玄奘三蔵訳のものです。短い中に五蘊・十二処(六根六境)・十八界(六根六境六識)・十二因縁・四諦・六度など、仏教教理の重要なものを含むエッセンスと言えます。  
空によって物の真実のあり方を示し、正しい般若(=智慧)にめざめることを説いています。
最後の「ギャーテイ ギャーテイ・・・」は呪文であって、「(自)度・(他)度・普度・彼岸度・覚・成就」とも、 「行き、行きて、彼岸に到り、皆共に彼岸に到り、菩提の道たちどころに開く」(佐藤泰舜訳)とも意訳されています。

般若心経(貞昌院で録画)をみる(Real video movie file)
般若心経(總持寺で録画)をみる(Real video movie file)
般若心経(總持寺で録音)をきく(Real audio sound file)



観自在菩薩が、深般若波羅蜜多を行じし時、五蘊は皆空なりと照見し、


一切の苦厄を度したまえり。舎利子よ、色は空に異ならず、空は色に異ならず。色はすなわちこれ空、


空はすなわちこれ色なり。受・想・行・識もまたかくのごとし。舎利子よ、この諸法は空相にして、


生ぜす滅せず、垢つかず浄からず、増さず減らず。この故に空の中に色なく、


受・想・行・識もなく、眼・耳・鼻・舌・身・意もなく、色・声・香・味・触・法もなく、


眼界もなく、乃至、意識界もなし。無明もなく、また無明の尽くることもなく、乃至、老も死もなく、


また老と死の尽くることもなく、苦・集・滅・道もなく、智もなく、また得もなし。無所得を以って故、


菩提薩(垂)の般若波羅蜜多に依る、故に心にケイ礙なく、ケイ礙なき故に、


恐怖あることなく、一切の顛倒夢想を遠離して、涅槃を究竟す。三世諸仏も、


般若波羅蜜多に依るが故に阿耨多羅三藐三菩提を得たもう。


故に般若波羅蜜多を知るべし、これ大神呪なり、これ大明呪なり、これ無上呪なり、


これ無等等呪なり、よく一切の苦を除くこと、真実にして虚ならざる。


故に般若波羅蜜多の呪を説く。すなわち、呪を説いて曰く、


ギャーテイ・ギャーテイ・ハラギャーテイ・ハラソーギャーテイ・ボーディーソワカ


般若心経。


Copyright(c) by Teishoin Temple all rights reserved.
無断転載はご遠慮ください
Return to the TOP PAGE

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons