駒沢大学駅伝情報No.14

駒沢大学駅伝情報No.14

平成12年の情報です 2000/10/9

1996 19997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10
No.11
No.12
No.13
No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24

おめでとう駒澤大学!!2000年の箱根駅伝を
初の総合優勝! しかも往・復・総合完全優勝も!


 2000年の幕開けを飾る、第76回箱根駅伝がスタートしました。往路は、駒澤が最終5区で、先行する順大などを大逆転し往路優勝。復路も順調に襷をつなぎ、9区、10区での区間新もあり、藤色の襷が初めてゴールのテープを切りました!!

[往路]
 1区・2区では、法政が区間賞を取って独走。しかし、4区で順大、帝京、駒澤が浮上し、終盤にはもつれ合う展開となりました。箱根登り5区半ばで駒澤の松下が帝京をかわして2位に上がり、さらに順天、東海を抜いて、ついに首位に立ち、そのまま往路優勝を果たしました。
 2位には2区で11位まで落ちたものの、5区で4人抜きした東海が入りました。前回総合優勝の順天は4区でトップに立ちながらも、5区で失速して5位。優勝候補の一角の山梨学院大は1区で14位と出遅れ、12位でした。

[復路]
 山下りでは、トップの駒大・大西を4・5番目スタートの中大、順大が1時間を切る激走で追い、駒大との差を55秒差に縮めました。7区では、駒大・揖斐が区間賞でトップを独走。ここで中央を振り切りました。
 8区では、3位の順大が快調に飛ばして、中大と並び同タイムで2位。駒大・平川はやや差をつめられたものの、9区は駒大のエース西田が快調にピッチを上げ、1時間9分0秒の区間新記録で再び差を広げ、最終の10区駒大・高橋は、終始安定した走りで、ゴールのテープを切りました。なんと、高橋も区間新記録。優勝タイムは11時間3分17秒。順大は、懸命に駒大を追ったが、力及ばず2位。3位中大、4位は帝京。5位の日大と6位の早大は、再び来年のシード権を得ました。
 優勝候補の、神大、山梨は8位、9位になり、シード権内に滑り込み、逆に法政は10位でシード権を失いました。
 7位東海、11位日体、12位大東、13位関学、14位拓大、15位東洋の順です。

  おめでとう!駒澤大学!!


今年も2区・戸塚区平戸へ応援に行ってきました。
各選手の力走です。クリックすると拡大します(平戸通過順)

All photos by Tetsuya Kameno, copyright(c)Teishoin temple


駒澤大学、今年のみどころ  (直前情報)

 

1区:島村清孝(1年) 駒大秘密兵器:全日本5区1位

 島村は1万の日本体育大学記録会には、足の不安(府中ハーフで良い記録を出した後遺症)で欠場。1万の記録なしでの箱根出場1区は順位よりタイム差です。今回は・前半勝負の大学が多く、特に1区は激戦が予想されます。

2区:神屋伸行(2年):全目本8区1位:駒大エース

 日体大記録会では・自己新記録を出すも、自分より上位に国士舘の小川・東海の柴田がいたことで悔しがっていた。自己意識が大変高いので、強くなる一方。花の2区は今年も実力ある選手が出場します。

3区:布施知進(1年):全目本1区9位:1年生で1番手

 全日本の時は駒大の1区という貢圧に負けたものの、あの粘りは驚異的なものだった。日体大記録会でも粘って自己記録を更新し・箱根の切符を確実にした。往路の中でつなぎの区間で、西田、揖斐両達手の走った区間です

4区:前田康弘(4年):全日本4区3位:1番堅実な選手。絶好調

 今、駒大で一番調子のいい選手。各大学が準二一スを投入してくる区間で、果たしてどの位がんぱれるか。昨年藤田敦史が驚異的な区間新記録を樹立し、ここで駒大が先頭に踊り出た区間でした。ここも各大学のエース格の選手が出てきます。

5区:松下龍治(1年):全目本7区1位:登りのスペシャリストに

 松下は箱根登りの試走で、1時間14分台で登り、駒大試走新記録を出しております。試走の記録より本番では約1分位は速くなります。昨年の神屋より30秒以上長い記録で登ることは確実だと思います。山登りが、記録的に一番差の付く区間です。安定した走りと力強い走り、精神力が求められます。昨年は、東海大学の柴田選手が区間新でした。今年は登りのスペシャリストは誰になるでしょう。

6区:大西雄三(4年):全日本6区3位:昨年の分までがんぱる

 箱根下り試走で、59分台で下るも、余裕が十分あったとの事。昨年の河合の記録が60分台だった事を考えると数段上の感がある。おそらくは昨年の6区新記録の神大・中沢の記録にせまるものと思われる。山登りに次いで記録に差の出る区間。そして最も足に負担のくる区間です。昨年の故障欠場の鬱憤を一気に晴らすか。

7区:揖斐祐二(2年):全日本3区1位:揖斐の出来が優勝の鍵

 他校はまさか揖斐が復路に回るとは考えてもいないと思われる。平坦な7区はもっとも揖斐向きのコース。計算できる選手がこの区間を走ることで、優勝が見えてくると思う。過去に大場選手がこの区間最高記録を記録し、駒大史上初めて区間記録をプログラムに載せた区間です。

8区:平川良樹(2年):全日本補欠:大学入学時は神屋より上

 やっと大器が力を出してきた。日本体育大学記録会では、自分のぺ一スを守りきって、自己記録を1分30秒近く更新し、29分02秒で箱根の切符を勝ち取った。昨年はこの区間で迫い込まれ、苦戦の発端になった。平川のがんぱりに期待。

9区西田隆維(4年):全日本2区4位:復路のエース

 府中ハーフでは、自己新記録を出しながら神屋に1秒遅れる。しかし西田の強さは各大学で知れ渡っている。他のチームが1番警戒する選手。世界ユニバーシアードハーフマラソン、銀メダルの選手がこの区間を任されます。区間賞はもちろん、区間新記録も期待。

1O区:高橋正仁(2年)

 夏合宿頃から上昇の気配があった。秋田工業高校から入学当時は、14分59秒の記録で目立たない存在の選手であった。しかし・駒大の猛練習にも音を上げず、東北人独特の粘りで実力を付けてきました。最後の日体大記録会では、松下選手と同じ組で走り、途中転倒するも自己記録を大幅に更新し29分23秒の好記録を叩き出しました。転倒がなければ29分の前半の記録は間遠いなかったと思います。

関根正道(3年):

 日体大記録会で、未完の大器が開花。関根は昨年のエース藤田敦史の高校の同級生。高校時代は関根の方が上だったが、実業団(愛三工業)では開花せず、大八木コーチをたよって駒大に入学、しかし練習が結果になかなか結びつかず、やっと青東駅伝で3位に入りきっかけを掴む。日体大記録会では、神奈川大学の箱根出場達手6人をまとめて負かし、タイムも自己新記録29分09秒1。

河野仁志(3牢):堅実なレースをする。

武井拓麻(3年):上り調子だが駒大では一歩足りないか・・

上原浩二(4年):昨年の8区の選手。今年も調子は良いが・・


公式記録はこちらを御覧下さい。
日本テレビのサイトへ


2001年箱根駅伝への布石! 2000年出雲駅伝の結果はこちら フジテレビ出雲駅伝2000年のサイト

 RETURN to the TOP PAGE

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons