建物表題登記申請をしてみた

建物を建築した時に、登記申請(「建物表題登記」)を行う必要があります。
登記をする場合は、司法書士、行政書士などに依頼して代理申請すると思いますが、「建物表題登記」に関しては、建物の所有者が手続きを行うことができます。

ということで、書類を作成して、今日、法務局に行って手続きをしてきました。

20200930


必要な書類は
・登記申請書
・建物図面、各階平面図
・案内地図
・建築確認書のコピー(原本証明付き)
・建築確認書の原本(後日返還)
・施工業者の引渡証明書(所有権証明書)
・施工業者の印鑑証明書
・施工業者の登記事項証明書
・住所証明書(住民票・法人の場合は不要)

 

20200930-1020200930-11

このうち、建物図面、各階平面図が少し製図に手間とコツがいりますが、製図の経験がある人だったら問題ないでしょう。なぜかB4判の用紙を使います。

実際の申請は5分で終了。あっけないほど短時間でした。
士業の方に代行をお願いすると、だいたい十数万円かかる申請ですが、自分で行うと実質0円(+交通費)で済みます。
要するに、技術料と人件費ということなのでしょう。

役所へ提出する書類は、可能な限り自ら作成して申請するようにしています。
自身の勉強にもなりますし、さまざまな手続きの流れが見えてくるからです。

投稿者: kameno 日時: September 30, 2020 4:04 PM

コメントを投稿