青ガエル、渋谷から秋田へ

渋谷駅前の青ガエル、秋田・大館へ ハチ公の縁で移設

東京都・渋谷駅のハチ公前広場に置かれていた鉄道車両「青ガエル」が3日未明、忠犬ハチ公の故郷である秋田県大館市にむけて旅立った。
車両は旧東急5000系で、緑の塗装や丸みのある下ぶくれした外観から「青ガエル」の愛称で親しまれていた。1954年から運用され、東急東横線や大井町線などを走った。2006年に区が譲り受けて駅前に設置し、近年は観光案内所として活用された。
駅一帯の大規模再開発に伴って移転する必要が出て、区はハチ公の縁で交流を深める大館市への無償譲渡を決めた。JR大館駅前に昨年開業した市の観光交流施設「秋田犬の里」に移設される。車両は6日に現地に着く見込みだ。
(朝日新聞 2020年8月4日配信)


引退後2006年から渋谷駅前に置かれ、渋谷のシンボルだった東急5000系(通称:青ガエル)が秋田へ移送中です。
展示されていた車両は車両番号5001番。
当該車両は1954(昭和29)年に製造され、16年間東横線(渋谷~桜木町間)を運用し、その後、大井町線で運用されていました。
1986(昭和61)年に東急から引退、長野県の上田交通(現在の上田電鉄)へ譲渡されて、1993(平成5)年まで運用。その後、先頭車両がカットされて渋谷駅前に展示されていたものです。

現役時代に撮影した東急5000系(5001)の写真がありましたのでご紹介します。
1980年6月1日に旗の台駅で撮影したものです。
まさに渋谷駅前で展示されていた車両です。

20200804-01

この写真を撮った直前まで、この路線は大井町線ではなく田園都市線だったのですが、写真を撮った1980年には新玉川線が開業、渋谷方面の路線が田園都市線となり、二子玉川園~大井町は大井町線として分離されています。

投稿者: kameno 日時: August 4, 2020 8:31 PM

コメントを投稿