「砂の家」 review

2月8日から16日まで、貞昌院本堂で行われた演劇「砂の家」の公演が無事千穐楽を迎えました。
今回の公演を何回か観劇させていただき、そのたびに考えさせられることがあり、新たな発見もありました。
ゲネプロなどで、私も写真を撮影させていただきましたので、全公演が終わったこの機に振り返ってみましょう。
(※内容の解釈はkamenoの個人的な感覚に基づきます)


横浜「貞昌院」で行われる国境を超えた現代人のための寓話。女が故郷に帰ると「あるもの」がなくなったことに気づく。それを探して大地を掘り続けると、或る男が待つ奇妙な場所にふとたどり着く。ときに愛の物語であり、地上の終わりを告げる警鐘の物語でもあった。帰属、移住、破壊、自然、飽和・・・、様々な言葉が世界を織りなす、衝撃のオーストラリア、日本、ニュージーランド3か国のコラボレーション作品。

20200216-20

未来の世界だろうか。
宇宙を構成する原子、分子、星の子、時間、場所・・・輪になって交信のようなコーラスを繰り返している。

20200216-21

ほどなく、その中心に宇宙をつかさどる存在(もしくは宇宙そのもの)が登場。

ビッグバンにより宇宙が誕生し、星たちが誕生した。
地球があり、海があり、浜辺があり、家があった。

 20200216-2220200216-23

地球上にはさまざまな生き物、人間たちが、確かにそこに存在していた。
植物が生えていた。
貝もいた。
カニやトカゲ、子供たちがいた。

20200216-24
20200216-27-320200216-2720200216-27-2

原子の子と気体の子の叫び。

20200216-2920200216-28

20200216-31

そして、昔、人々がいた。
一人の男が鉱山で働いていた。
その惑星の別の遠い場所で、一人の女が、津波によって失った家を思って泣いていた。

20200216-32
20200216-3320200216-30

ここで劇は休憩に。現実空間に一度引き戻される。

20200216-34 20200216-34-2
3分間の休憩ののち、再び演劇へ。

20200216-36

20200216-38
津波に飲まれた女を男が助けようとする。
そして、奇跡的にその通りになった。

20200216-3920200216-41

違う時空から穴を掘り進んだ男女が交錯する。
男と女は異なる言語で話しているが、お互いに話を理解している。

20200216-42

場面転換。
政治問題や地球温暖化についての日常の雑談。

20200216-43

そして、再び未来の世界へ。
かつてあった鉱山、人々の暮らし、論議、危機、電話、会話、日常はすべて消えてしまい、錆が機械を侵食し、崩れて砂と一緒になった。
国も国境も動物も植物もない、ただただ、砂粒たちが広がっているだけ。

20200216-44-220200216-44

宇宙の象徴が、如来となって登場。

20200216-4520200216-47

光明真言を唱えながら、目の前に広がる砂の一粒一粒、苦に生きる衆生を救い、そしてあらゆる御霊(みたま)を成仏せしめようと五色の光明をひろげていく。
(なお、この光明真言は、貞昌院で毎年7月26日に行っている大施餓鬼法要(おせがき)においても「諸仏光明真言灌頂陀羅尼」として お唱えしています)

20200216-4820200216-49

そして、最終場面へ。

20200216-50-2


All photos by Tetsuya Kameno.


IDIOT SAVANT(演劇) × Belloo Creative(オーストラリア・演劇)
「砂の家」 House in the Dunes

作:Katherine Lyall-Watson
演出:恒十絲 Carolone Dunphy
出演:朱尾尚生 近藤康弘 新井千賀子 平子亜未 玉井沙季 しんえな 小林望 石塚晴日 新堀隼弥 須澤聖樹 本間愛良 Kirk Page他

20200216-51


■貞昌院本堂で行われた過去の公演記録(IDIOT SAVANT theater company 関連) 

 彼方、蓮台野にて 点描 (2011年の公演記録)
「佯狂( ようきょう )のあとで」review (2012年の公演記録)

投稿者: kameno 日時: February 17, 2020 9:45 PM

コメントを投稿