彼方、蓮台野にて 点描

貞昌院での公演の合間にスチール写真撮影が行われました。
一つひとつのシーンを再現しながら記録していきます。

20110221-1120110221-06

20110221-1320110221-12

20110221-0920110221-07

20110221-10

20110221-02


ここから先の写真は劇中には無いカットです。
スチール撮影の中で出演者楽しみながら劇には無い仮想シーンを作り上げていきました。

20110221-0520110221-0420110221-08

スチール撮影が終わって、直ぐに全体ミーティング。
公演の合間には各自の練習、全体打合せが繰り返し行われていきます。
普通に観劇する場合には「本番」しか見る機会がないのですが、その前後には膨大な練習が積み重ねられているのです。

20110221-01

直前の公演を踏まえて、よりよいものとするために修正が加えられていくため、どれ一つとして同じ内容にはなりません。
20110221-03

「仮面劇」とした理由は、演出の深い考えがあってのことです。
お面は全て紙粘土からの手作り。
劇の中で生きいきとした表情を生み出していました。

※寄せ書きをいただき有難うございます!

20110221-14


■関連リンク
IDIOT SAVANT theater company #5 「彼方、蓮台野にて -U-BA-SUTE-」 at 貞昌院

すばらしかった!!!! 劇の始まりかた (凱風通信)

投稿者: kameno 日時: February 22, 2011 1:03 PM

コメントを投稿