横浜中華街春節行事

日本では、正月行事を太陽暦で行うことが多いのですが、中国では旧暦で「春節」をお祝いする風習があります。

海外に広がる中華街でも、春節は行われており、横浜の中華街でも春節行事が盛大に行われています。
今年の旧暦の元旦は1月25日(金曜日)でした。
横浜中華街の冬の風物詩、春節の様子を動画に記録しましたので、今回の記事は写真ではなく動画にて報告いたします。


■採青(ツァイチン)

2020年1月25日(旧暦の元旦)横浜中華街では、伝統の獅子舞「採青」が練り歩きました。
銅鑼や太鼓、爆竹がにぎやかに響く中、白や黄色などに彩色された5頭の獅子が中華街の店を巡り、商売繁盛や五穀豊穣を祈ります。
獅子は 最後に立ち上がり、店先の看板に吊るされた「紅包(祝儀袋)」を咥え取ります。

 


■祝舞遊行(シュクマイユウコウ)

2020年1月26日、横浜中華街の春節祝賀パレード「祝舞遊行」が行われました。華やかな皇帝衣装隊、獅子舞、龍舞のほか、華やかな衣装によるパレードです。
午後4時 出発:山下町公園→関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→南門シルクロード→山下町公園

華やかな春節の行事は2月8日まで続きます。

投稿者: kameno 日時: January 26, 2020 11:10 PM

コメントを投稿