成道会摂心坐禅

12月8日は成道会(お釈迦様が悟りを開かれた日)です。
この時期には、お釈迦様成道の日に向けて、摂心坐禅が行われます。

お釈迦様の成道に向けた摂心坐禅を、蝋月(12月)8日の摂心ということから、臘八摂心ともいいます。


貞昌院では毎週木曜日早朝に定例坐禅会を行っており、今年は12月5日に坐禅会の日に摂心坐禅を行いました。

日がだいぶ短くなっていますので、坐禅の間に次第に夜が明けていくことを実感できます。

20191205-0520191205-04
 
 
今朝の坐禅会のあとは、裏山で採れた栗を炊き込んだ栗粥をいただきました。 

20191205-02 20191205-03

なお、永平寺、總持寺などの修行道場では、摂心開け12月8日成道の朝には、法堂で五味粥(ごみしゅく)をいただきます。
五味粥は、お釈迦様が坐禅に入る前に、村の娘さんから乳粥の施しを受けたことに由来します。

下記の関連ブログ記事もご参照ください。


■関連ブログ記事

カルピス誕生100年と熟酥味・醍醐味

投稿者: kameno 日時: December 5, 2019 6:33 PM

コメントを投稿