銀杏剪定作業 2本目

貞昌院境内の2本ある銀杏(イチョウ)の木のうち、昨年春に1本目の剪定作業をおこないました。
銀杏剪定作業

今年、引き続き、山門脇の残り1本の剪定を行いました。


昨年は台風の影響で塩害のため黄葉の前にだいぶ葉が茶色く変色してしまいました。
強風で枝もだいぶ折れて落下してしまいました。
銀杏の木は枝の成長が早いので、十数年おきに樹形を整える意味でも剪定は必要になります。


市の名木に指定されているだけあって、樹高が高く、大型クレーンを使用する大掛かりな剪定作業です。

20190306-0220190306-01

 

20190306-0320190306-04

夕方には選定作業が九分通り終了。
翌日に最終仕上げと切口への薬剤塗布を行います。

 

20190306-05

20190306-06


ずいぶんさっぱりした姿になりました。

投稿者: kameno 日時: March 7, 2019 1:25 AM

コメントを投稿