銀杏剪定作業

銀杏(イチョウ)の木の剪定作業が始まりました。

境内には2本の横浜市指定名木・銀杏があり、そのうち本堂側にある1本を本年度に剪定することになりました。
20180313-01

銀杏の木は枝の成長が早く、十数年おきに剪定を行って樹形を整える必要があります。
昨年、一昨年は台風で枝がだいぶ折れて落下してしまいました。

樹高が高いので、大型クレーンを使用する大掛かりな剪定作業です。

20180313-0320180313-02

作業の様子をタイムラプスで撮影しました。

 

夕方には選定作業が九分通り終了。
翌日に最終仕上げと切口への薬剤塗布を行います。

20180313-0720180313-06

 

数年間は、枝が無くなりさっぱりした姿になり、ギンナンの実もそれほど成らなくなりますが、数年後にはまた立派な樹形をみせてくれることでしょう。

山門側の銀杏の木は、少し間隔を開けて剪定を行う予定です。

投稿者: kameno 日時: March 13, 2018 9:02 AM

コメントを投稿