新年快樂!臺灣佛光山(6)

高雄から新幹線で台北へ。
台北でローカル線に乗り換え、松山駅で下車すると、すぐ目の前に佛光山台北道場があります。

20150225-80

本堂に拝登させていただきました。

20150225-82

本堂には二十四天が祀られ、明日夜間の「供佛齋天」の準備と習儀が行われていました。
20150225-8620150225-8520150225-8720150225-83

-------------------------------

一夜明け、旧暦正月八日夕刻より「供佛齋天」の法要が始まりました。
供佛齋天は午後七時から始まり、夜半を越え、深夜二十五時過ぎまで及ぶ長い長い法要です。

■差定

一、厳浄壇上
一、灑淨
一、傳供献齋
一、上供
一、送聖

何時間にも及ぶ法要なので、区切りごとに休憩時間が取られ、また、合間に法話が行われます。

20150226-28

20150226-26

20150226-29

傳供献齋では、二十四天それぞれに、献供がなされます。

20150226-2720150226-3320150226-31

20150226-3020150226-3720150226-38

実にカラフルで、盛りだくさんの供物です。
それらを、正装した信者さんが二十四天それぞれの佛前に運んでいきます。

10370900_10206279168966380_6862834651314194296_n11021208_10206279183846752_3632073779381839669_n

そして、僧侶に渡され、さらに前列の随喜衆に渡されます。
そして、一つ一つの献供物が随喜者一人一人の手に次々と回され、全員が掲げた後、佛前にお供えされます。

これを全ての供物で行ないますので、時間を掛けた長い法要になるのです。

 

1507644_10206279188846877_5679476391238616004_n11011582_10206279184766775_228348528001583121_n

 

20150226-3920150226-35

傳供献齋が終わると、次の上供で施主の読み込みが行われていきます。
佛祖礼と施餓鬼の意味合いが融合した要素もあります。

献供が終わった状態はこのようになります。
20150226-4020150226-55

旧暦正月八日夕刻には、このように各寺院、各道場で供佛齋天が行われているのです。

投稿者: kameno 日時: March 10, 2015 11:13 PM

コメントを投稿