仏教情報センター記念大会裏方編

5月6日(月曜日)に開催された仏教情報センター設立30周年記念大会「共に生きる=仏教に導かれて」は多くの方々の力が集まって運営されました。

周年記念大会運営委員会が組織され、何度も会議が重ねられて準備が進められてきました。

開催当日も朝から集まり、最終全体ミーティングを行ないます。

20130506-50

その後、法要・カフェ・会場・受付等、役割ごとに詳細な打合せが行なわれました。
記念法要は、各宗派の特徴を散りばめた法要が組み立てられました。

宗派を超えて僧侶が集まっていますので、法要も法具も、その扱いも様々です。
このような場所では、曹洞宗で当たり前と思っていることに対して、新たな発見もたくさんありました。
20130506-51IMG_354920130506-52

多くの来場者が予想されるので、受付体制も手厚く準備しています。

20130506-5620130506-55

内陣では順番にリハーサルが進められます。

20130506-5320130506-5420130506-58

カフェ・物販エリア

20130506-61

ビデオ記録スタッフ

20130506-60

そして、いよいよ本番前の須弥壇裏では、差定(法要次第)の最終確認が行なわれます。

20130506-5920130506-57

当日は、100人もの各宗派僧侶、センター所員、ボランティアスタッフ、学生さん、関連団体の皆さんのそれぞれの力が終結しました。
ここに紹介しきれないほどの影の力が集まって、一つの大会が形作られています。

投稿者: kameno 日時: May 8, 2013 8:38 AM

コメントを投稿