ふるさと福島を語る会in貞昌院

震災から1年9カ月、港南区永野地区では津波被害や原発事故から逃れて避難生活を送っているかたが港南区内だけでも十数世帯いらっしゃいます。 
一方、福島出身の永野地区住民が同じ故郷の方との交流、地域とのつながりをもとめています。
そこで永野連合・地区社協では、銀杏の木が見ごろを迎える貞昌院において、福島県をはじめ東北各県から避難している皆さまとの、ふるさとを語る交流会を開催することになりました。

貞昌院の境内拝観つきです。ふるってご参加ください。


申し込み用紙(PDF)




ふるさと福島を語る会in貞昌院

 

日にち:平成24年12月2日(日)
時 間:13:30~16:00 (13:00受付)
場 所:貞昌院 (港南区上永谷5-1-3)
参加費:無料
定 員:50名(定員超える場合は、県内避難者の方を優先させていただきます。)
   お申し込み:ウラ面に必要事項をご記入の上、
東永谷地域ケアプラザ(045-826-1071)に
ファックスでお申し込みください。
申し込み〆切:11月25日(日)

 

主催:永野連合町内会・地区社会福祉協議会
協力:東永谷地域ケアプラザ・野庭地域ケアプラザ・神奈川県社会福祉士会

投稿者: kameno 日時: November 11, 2012 9:56 AM

コメントを投稿