お寺で涼しく怪談夜噺

暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ毎日暑い日が続きそうです。
この暑さを、怪談夜噺で涼しく乗り越えませんか?

貞昌院とさわやか港南共催によるさわやか寄席が8月18日(土曜日)夕方開催予定です。

本堂を会場に、ロウソクを灯し、一話ごとに吹き消していきます。

お寺の建物は、涼しく過ごすための工夫がたくさんなされています。
怪談夜噺をするにはもってこいの環境です。

この貴重な機会に、是非多数のご来場ご参加をお待ち申し上げます。

 

さわやか寄席-怪談夜噺
金原亭馬治(キンゲンテイウマジ)独演会

日時 平成24年8月18日(土曜日) 午後5時より
場所 貞昌院 本堂にて
木戸銭 800円
お申込み さわやか港南 045-820-5883
または 貞昌院 kameno@teishoin.net  まで

20120115-01

 

演目は『死神』他一席。
『死神』は、古典落語の演目の一つで、ヨーロッパの死神説話(グリム童話の『死神の名付け親』、またはイタリアの歌劇『クリスピーノと死神』など)をもとに三遊亭圓朝師匠が翻案した作品です。
お寺の本堂を薄暗くして、ロウソクを灯して演じていただきます。
『死神」の舞台背景については 落語の舞台を歩く 様のサイトが詳しいので、<ネタバレを前提に>興味ある方は併せてご参照ください。



■関連ブログ記事
金原亭馬治独演会報告

投稿者: kameno 日時: August 8, 2012 8:50 AM

コメントを投稿