金原亭馬治独演会報告

本日午後、貞昌院本堂で落語会が開催されました。

新春さわやか寄席
金原亭馬治(キンゲンテイウマジ)独演会

日時 平成24年1月15日(日曜日) 午後2時より
場所 貞昌院 本堂にて

20120115-01 

新聞やインターネットニュースサイトで取り上げていただいたこともあり、多くの方がお見えになりました。

なお、今回は、特にリクエストをお願いした地元の円海山に所縁のある古典落語「強情灸」を含め、三席の落語をいただきました。

さすが昨年開催された「第5回落語一番勝負・若手落語家グランプリ」で優勝されただけのことはあります。
堂内を埋め尽くした皆さんの笑いて包まれました。

 

20120115-0220120115-03

 

 


20120115-05

大寒もまもなく。ここ数日、気温の低い日がつづいています。
それでも堂内は熱気で溢れました。

落語で使われる高座は、元々僧侶が説法をする壇のことであったし、江戸初期に寺社の境内で行われていた催し物が「寄席」になったように、寺院と落語は切っても切れない関係にあります。
これからも本堂で落語を行っていく予定です。
どうぞお楽しみに。

20120115-06

馬治さんには最初と最後にご丁寧なお参りをいただきました。
楽しい時間を有難うございました。

投稿者: kameno 日時: January 15, 2012 6:51 PM

コメントを投稿