今日から春彼岸

今日は彼岸の入りの日です。

彼岸(ひがん)は、、現世=比岸(しがん)に対し、向こう岸という意味です。
苦悩と煩悩から離れ、寂静の世界である彼岸は、西方浄土(西方のはるか彼方)にあると考えられました。このことから、太陽が真西に沈む春分と秋分の日には、現世と極楽浄土が最も近くなるとされていますす。


お彼岸はご先祖様のいらっしゃる世界と交流ができる期間とされ、先祖供養する習わしとして定着しました。

曹洞宗では極楽浄土という考えは用いませんが、お彼岸にお墓参りをする習慣は、この思想に基づいているといえます。

家族・親族・ゆかりの人々が墓参りをし、ご先祖様や故人を偲び、報恩のご挨拶をする、この日本の良き習慣をいつまでも伝承していきたいものです。

貞昌院では、先週墓地清掃を行ないました。
きっと気持ちよくお参りいただけることでしょう。

 


--------------------------------------------------------------------------------
 

さて、当ブログで何回か御紹介しておりますが、貞昌院から「富士山」がほぼ真西に位置するため、彼岸の期間にダイヤモンド富士を見ることができます。
今年も計算上は彼岸の入りの日(つまり、今日)ダイヤモンド富士となるはずです。

カシミール3Dによるシミュレーション画像を添付します。

20100318-01.jpg
※厳密にいうと、ほんの少し富士山頂の北側にずれて沈む形となります。

私は檀務のため残念ながら見ることは出来ませんが、夕方にお墓参りされる方は晴れているようでしたら是非西の空を眺めてみてください。

昨年の春彼岸に撮影した写真はこちら

投稿者: kameno 日時: March 18, 2010 10:57 AM

コメント: 今日から春彼岸

kameno様
先日總持寺に参拝した際、お彼岸のお墓参りの為にお線香を
購入しました。
お墓に持って行くのに丁度良い筒に入ったお線香が売店で売っていますよね☆
3種類ある中で白檀の香りが好きで親戚の人にもお線香買ってきて!
と頼まれます。
今週も總持寺に伺いたいのですが、修行僧の方々もお忙しいと
思いますので来週に参拝する予定です♪

投稿者 葉月 | March 19, 2010 11:07 AM

葉月様

百檀のお線香ですか。香りがいいですよね。
お香はピンキリで、煙ばかりで香りのないものもあったりするので、よく吟味したいものです。
今の時期の本山は、新到の修行僧が上山している時期です。
様々な意味で活気あふれる時期でもありますね。

投稿者 kameno | March 19, 2010 10:03 PM

コメントを投稿