夏休みチャレンジスクール土曜塾

夏休みチャレンジスクール「土曜塾」が貞昌院で開催されました。

テーマは 『坐禅と文化財に触れる体験』

永野小学校児童・保護者・先生を中心に、25名の参加をいただきました。

内容

■ガイダンス


20080816-01.jpg

■坐禅体験(2チュウ)

20080816-02.jpg 20080816-03.jpg 
20080816-06.jpg 20080816-04.jpg 20080816-05.jpg


■文化財について
・文化財とは何か
・文化財に接する際の心構え
・貞昌院の文化財

●文化財とは

文化財(ぶんかざい)とは、わたしたちの祖先(そせん)たちが長(なが)い年月(ねんげつ)をかけてつくりだし、守(まも)り伝(つた)えられてきた文化遺産(ぶんかいさん)のことです。 文化財(ぶんかざい)は、いちど失(うしな)ってしまえば再(ふたた)びよみがえることのない、わたしたちの財産(ざいさん)です。 そして、さらに大切(たいせつ)なことは、未来(みらい)のわたしたちの子孫(しそん)のためにも守(まも)っていかなければならないものです。

●文化財(ぶんかざい)の種類(しゅるい)

・有形文化財(ゆうけいぶんかざい) =建物(たてもの)・工芸品(こうげいひん)のような形(かたち)のあるもの
・無形文化財(むけいぶんかざい) =音楽おんがくなど形(かたち)のないもの
・民俗文化財(みんぞくぶんかざい) =風習(ふうしゅう)や信仰(しんこう)などにかかわるもの
・記念物(きねんぶつ) =史跡(しせき)・名勝(めいしょう)・天然記念物(てんねんきねんぶつ)

 

■貞昌院の本堂での文化財探検

あらかじめ、本堂にある什物を撮影し、プリントしたものをお渡しし、それがどこにあるかをみんなで探していただきました。
一通り探していただいた後、答え合わせ、そして一つひとつ解説をさせていただきました。
それぞれの形・図案に意味があるのです。

⇒ 本堂のどこにあるか見つけてみよう-----配布資料の一部抜粋 (PDF)

 


20080816-08.jpg 20080816-07.jpg


■さいごにお茶とお菓子を囲んで総括・質疑応答
(写真は茶室前の水琴窟にて)

20080816-09.jpg

 
これから寺社仏閣や文化財に触れる機会は多いと思います。
なんとなく見て回るのではなく、興味をもって細部をじっくり観察して、疑問があれば調べるという姿勢が大切です。
きっと新しい発見があることでしょう。
もちろん、その際には、文化財に接する際のマナーも守ることが必要です。

投稿者: kameno 日時: August 16, 2008 1:49 PM

コメントを投稿