とつか再開発くん

昨日は、ゆるキャラ「ひこにゃん」が豪徳寺参拝の記事を書きましたが、本日は、ゆるキャラの真打 「とつか再開発くん」をご紹介します。

20070824-01.jpg

まずはプロフィールを。

とつか再開発くん


誕生日:平成6年10月4日(現在12歳)
出身地: 横浜市戸塚区
性 別: 男の子
好きなもの:うめぼし入りのおにぎり
顔の大きさ:約4.3ha
ひとこと:もっと活躍するからね?

 

私が都庁に勤めていた頃は、企業のコーポレートアイデンティティ(CI)が積極的に制定され始めた時期でもありました。
都庁のシンボルマークとしての緑の銀杏マークも、平成元年に東京都シンボルマーク選考委員会が候補作品20点の中から選定・制定したものです。
企業を想起させる統一ロゴ・キャラクター・音などを制定することは、企業ブランドを確立し、一般に浸透させるという大きな役割を果たします。


ここ数年、そのコーポレートアイデンティティの一翼を担う、「ゆるキャラ」の活躍が目立ってきました。
ゆるキャラとは、「ゆるいキャラクター」の略です。
コーポレートアイデンティティに使用される、かわいい、やさしいキャラクターのことを指しますが、そのかわいさの度合い、キャラクターの画き込みの手間の掛け具合は、キャラクターによってバラバラです。

そのバラバラ具合がいい味を醸し出しているのですが、「とつか再開発くん」は、身近なキャラクターだから言うわけではありませんが、ゆるキャラの最高峰といっても良いのではないかと思っています。


さて、戸塚といえば東海道五拾三次の宿場町として歴史深い地区です。
このブログでも 「東海道五拾三次・戸塚元町の今昔」 としてご紹介していますので併せてご参照下さい。
   

しかしながら、街が東海道線により分断されており、国道一号線を遮る踏切は開かずの踏切として有名です。

20070824-02.jpg

また、特に駅西口地区は昔からの街並みそのままに小さい商店が乱立していましたので、街の発展の妨げになっていました。
そこで、再開発事業の話が進められ、現在大規模な工事が進行中です。
旭町通り商店街の看板がまだ残されていますね。なつかしい。
 ↓
20070824-03.jpg

旭町通り商店街のかつての姿は 三日画師「さねすけ」さん のサイト に写真がたくさんあります。実にノスタルジックでオススメ。

国道一号線も、立体交差化が図られますので、大幅に利便性が向上することになるでしょう。

とつか再開発くんの顔の大きさは 4.3ヘクタールもあります。
おそらく、ゆるキャラの中で最大のキャラクターなのではないでしょうか。
これは西口再開発エリアの面積で、形も三角形のおむすび型です。

仮に顔の形を正三角形に近似し、二頭身だとすると、
1ha=43,000m2ですから、顔の一辺の長さは
√{(2/√3)×2×43000} = 315.13m
身長=顔の長さ×2 = √3 ×315.13 = 545.80m

なんと、身長は東京タワーよりもずっと大きいんですよ!


両手は線路。両足は戸塚駅へ続く幹線道路です。それにしてもユルい。

20070824-04.jpg

再開発事業所職員が一時間も掛けずにつくり出した「とつか再開発くん」。彼のひとことの通り、これからの活躍が期待されます。


20070824-07.jpg

写真は戸塚駅ビル・戸塚ウエストからの再開発工事現場パノラマ。だいぶ事業が進捗していますね。



もはや「ゆるキャラ」を超越! とつか再開発くん

ごく一部で人気急上昇中の知られざるキャラがいる。
横浜市戸塚区の戸塚駅西口再開発事業(正確には、戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業)のマスコットキャラクター「とつか再開発くん」だ。
額の「と」の文字と、胸のイニシャル「T.S」を開けっぴろげにし、両手をいっぱいに広げて微笑むおにぎり頭のその姿?? 見る者全ての緊張感を奪い去ってしまう、なんとも不思議なこの魅力は、本来世の中に出てはいけなかったもののみが持ち得る魔力だろう。「ゆるキャラの壁を超越した」と一部で絶賛されるのもうなずける。とかく凝りがちな昨今のキャラ界において、工夫ゼロのとつか再開発くんが放つパンチは強烈だ。とつか再開発くんの生みの親は、戸塚駅周辺再開発事務所に勤務する男性職員(36)。

頭は戸塚駅西口再開発区域の形、腕はJR線、胴体は戸塚駅東口再開発、足は国道1号線へと続く道路を表しているそうなのだが、全くもって伝わらない。発案から全てを仕上げるまでに、正味1時間もかかっていないそうだが、一発で採用は決まったそうだ。横浜市の度量に拍手を送りたい。ちなみにデザインのポイントは、よく口と間違われてしまう赤い鼻なのだとか。
そのルックスから、当初は関係者の間で「とつかおにぎりくん」という愛称で親しまれていた。が、さすがにおにぎりと戸塚とは関係がなさ過ぎる。そこで公表するにあたって、今の名称「とつか再開発くん」に変えたのだそうだ。
今後のグッズ展開も検討しているとのこと。

(アメーバニュース)

※下線はkamenoが付記


■関連トピックス
東海道五拾三次・戸塚元町の今昔

■関連リンク
とつか再開発くん公式サイト

投稿者: kameno 日時: August 24, 2007 12:22 PM

コメント: とつか再開発くん

とつか再開発くんをもっと知りたくて、
このページにたどり着きました!

このゆるさが愛おしすぎます!

投稿者 ぴろぴろ | August 26, 2008 6:52 AM

ぴろぴろさん
「とつか再開発くん」のキーワードからお越しいただきありがとうございました。
愛すべきとつか再開発くんですが、戸塚駅西口は今が工事の最盛期。あちこちで姿を見かけます。
まだまだ活躍してくれそうですね。

投稿者 kameno | August 26, 2008 10:24 PM

コメントを投稿