万緑叢中紅一点

玄関前に柘榴(ざくろ)の木がありますが、たくさんのつぼみをつけています。
まもなく花開きます。

20060601-1.jpg


20060601-2.jpg


6月3日追記・花が開きました。

20060529-3.jpg


柘榴の花について、初夏に鮮紅色の花を咲かせ、他の樹木が緑の中で目立つため中国の詩人王安石は、『万緑叢中紅一点』と詩に詠みました。

また宗教系の逸話に引用されることも多く、仏教では、子供を食う鬼神可梨帝母のため嘆く母親達のためにお釈迦様が柘榴の実を与え、人肉を食べないように約束させたため、以後可梨帝母は、鬼子母神として子育ての神になったという話が残されています。

ギリシャ神話においては、冥王ハーデスにつれ攫われたペルセフォネはザクロを口にしたことで1年のうち一定期間を冥界で過すこととなり、母デメテルはその期間嘆き悲しむことで冬となりました。


参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

投稿者: kameno 日時: June 1, 2006 7:59 AM

コメントを投稿