正月の華、獅子舞

箱根駅伝往路の情報はhttp://teishoin.net/blog/000324.htmlをご参照ください。
復路の情報は今日の夕刻以降に更新する予定です。(今日、明日はPHSからのブログ更新です)



正月といえば獅子舞。
今はなかなかみることができなくなってしまったかもしれませんが、貞昌院では毎年の恒例行事となっています。

日本の獅子舞は、日本各地にさまざまなバリエーションがあり、大きく分けて、伎楽(ぎがく)系の獅子舞と風流(ふりゅう)系の獅子舞があります。
一般的な獅子舞は前者ですね。
胴体部分に入る人数で大獅子、中獅子、小獅子と区分され大獅子では、獅子を操作する人以外に囃子方も胴体に入って演奏し、小獅子では、獅子頭を操作する一人だけが胴体も兼ねています。
また、ひょっとこ、おかめなど、縁起の良いお面をつけて華をそえます。

貞昌院に回ってくるのは、永谷天満宮氏子会の獅子舞で、今年からは特に人数も増え、とても華やかな獅子舞をみせてくれました。
こういう伝統行事はいいですね。

20060102-2.jpg

20060102-5.jpg

20060102-4.jpg

20060102-6.jpg

投稿者: kameno 日時: January 3, 2006 8:48 AM

コメントを投稿