どんど焼き

永谷天満宮にてどんど焼きが行われました。
どんど焼きは左義長ともよばれ、永谷天満宮では毎年1月14日に催行される恒例行事です。


新年に「歳神様」をお迎えした門松や注連飾りに感謝の意を込めてお焚き上げします。
また、書き初めを焼くことによって、それが高く揚がるほど習字が上達すると言われています。


20220114-02.jpg 20220114-12.jpg

どんど焼きを始める前に神事が行われます。
いよいよ点火。

20220114-10.jpg 20220114-11.jpg

20220114-09.jpg 20220114-08.jpg


火が落ち着いた頃に、繭玉(木に丸めた餅を刺したもの)を焼きます。
繭玉を食べながら一年の無病息災をお祈りします。

20220114-06.jpg 20220114-04.jpg

20220114-15.jpg 20220114-14.jpg


お祓いを受けたみかんも配られました。
20220114-07.jpg

少しづつこのような行事ができるようになってきました。

20220114-13.jpg 20220114-03.jpg 20220114-05.jpg

このような行事の楽しい経験は大人になっても良い思いでとなって、また次の世代に引き継がれていくことでしょう。

投稿者: kameno 日時: 2022年1月14日 21:09

コメントを送る