台風一過

台風11号が北陸沖へ 各地に大雨、高知千ミリ超

台風11号は10日、高知県に上陸して四国を北上した後、兵庫県に再上陸して近畿を縦断、北陸沖の日本海へ抜けた。西日本を中心に続いた大雨は弱まったが、高知県では総雨量が千ミリ超の地点も出た。気象庁は三重県に出していた大雨の特別警報を全て解除した。
被害も続き、高松市の増水した川などで見つかった4人の死亡が確認されたほか、9日に岐阜県各務原市の川で流された男性も亡くなり、台風の影響とみられる死者は計9人になった。10日に確認された負傷者は50人で、京都市などでは2人が行方不明になった。
和歌山県新宮市の熊野川、徳島県阿南市の那賀川では氾濫が起き、住宅への浸水や道路の冠水なども相次いだ。大気が不安定になった栃木県鹿沼市などでは竜巻とみられる突風が発生し、住宅などに被害が出た。
交通は空路が中部や大阪、四国を発着する便を中心に欠航。東海道・山陽新幹線も一部区間で運転を見合わせ、お盆の帰省客への影響が長引いた。
台風が上陸した高知県は猛烈な雨が続き、馬路村で1時間雨量80・5ミリを観測し、降り始めからの総雨量も約1100ミリに達した。今月上旬の台風12号で豪雨となった仁淀川町なども合計が900ミリを超えた。
徳島県の上勝町や那賀町も総雨量が800~700ミリ台を記録。三重県は大台町や津市、尾鷲市で600~500ミリ台、和歌山県でも田辺市で650ミリに上り、西日本の広い範囲で300ミリ以上の大雨となった。
東海や関東甲信なども局地的に大雨となり、10日の1時間雨量は千葉県東庄町71・5ミリ、岐阜県本巣市69・0ミリ、静岡市61・0ミリ。瞬間風速は高知県・室戸岬52・5メートル、和歌山市44・8メートル、阿南市44メートル、兵庫県・神戸空港40・6メートルだった。
(神奈川新聞2014.08.11)


四国に上陸した台風11号はそのまま北上して日本海へ抜けました。
近畿地方を中心に多くの水害が発生し、また栃木県では竜巻の被害も出ています。
被災された地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

20140811-01

境内は再びセミたちの声に包まれています。
まだこれから羽化するセミも居ます。

20140811-02

 

台風が通過した夜はスーパームーンの満月でしたが、雲に覆われて観ることが出来ませんでした。
一日経過して、11日夜、十六夜(いざよい)の月が薄雲の間から昇ってきました。

20140811-03

境内では、少しづつ秋の虫の声も混じってきました。

投稿者: kameno 日時: August 11, 2014 9:48 PM

コメントを送る