紅いパール富士again

日食とか月食は結構頻繁に発生します。
今年(2011年)は、6月16日と12月10日の2回皆既月食を見ることが出来ます。

6月16日の皆既月食は、関東地方以西では皆既月食になる寸前に月没となります。
12月10日の月食はほぼ深夜、真南で見ることができますので、天気さえ良い絶好の条件となるでしょう。

このうち6月の月食は月没の時刻での月食です。
ということは、早朝、西の地平線近辺で見られるということです。

これは、紅いパール富士を観測する絶好のチャンスです。
実は半月前、2010年12月21日にもそのチャンスがありましたが、この日は残念ながら曇りとなり、月を望むことができませんでした。

2011年6月16日の月食の様子をもう少し詳しく見ていきましょう。eclipse71829[4]


カシミール3Dで月が富士山頂に沈む地点を調べてみました。
図の赤い線がその場所です。
20110110-02

(但し、富士山が可視できなければ当然パール富士は観測できません)
また、富士山に近い地点では、月が地球の本影に入る前に月没となってしまうため、例えば山梨県忍野村では単なる満月のパール富士となるはずです。

そこで、様々な検討をした結果、6月16日の月食を観測するのに最適な場所は、埼玉県川口市付近であることが判りました。

川口市では↓このような感じで観測できるでしょう。
20110110-04

皆既開始直前に富士山頂に月が掛かります。
赤銅色に鈍く輝く月が沈んでいく様子が見られるでしょう。

この近辺で、予め富士山が見やすい位置を確認しておくと良いと思います。

 

今回訪れる再びのチャンス。
梅雨の気配も迫る中、紅いパール富士を望むことはできるでしょうか。

投稿者: kameno 日時: January 10, 2011 12:21 PM

コメントを送る