オーランチオキトリウムが日本を救う

一昨年 ホンダワラが日本を救う という記事を書きましたが、それに勝るとも劣らない画期的な発見がありました。

生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見

20101214藻類に「石油」を作らせる研究で、筑波大のチームが従来より10倍以上も油の生産能力が高いタイプを沖縄の海で発見した。チームは工業利用に向けて特許を申請している。将来は燃料油としての利用が期待され、資源小国の日本にとって朗報となりそうだ。茨城県で開かれた国際会議で14日に発表した。

筑波大の渡邉信教授、彼谷邦光特任教授らの研究チーム。海水や泥の中などにすむ「オーランチオキトリウム」という単細胞の藻類に注目し、東京湾やベトナムの海などで計150株を採った。これらの性質を調べたところ、沖縄の海で採れた株が極めて高い油の生産能力を持つことが分かった。
球形で直径は5~15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。水中の有機物をもとに、化石燃料の重油に相当する炭化水素を作り、細胞内にため込む性質がある。同じ温度条件で培養すると、これまで有望だとされていた藻類のボトリオコッカスに比べて、10~12倍の量の炭化水素を作ることが分かった。
研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。
炭化水素をつくる藻類は複数の種類が知られているが生産効率の低さが課題だった。
渡邉教授は「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」と話している。
また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、生活排水などを浄化しながら油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある。(朝日新聞 2010年12月15日)


これまでの10倍の効率で重油に近い炭化水素が生産されるということで、コストの面が一気に解決されそうです。
実用化に要する時間も現実的です。
ただし、ホンダワラは光合成によるカーボンニュートラルとなるのに対し、オーランチオキトリウムは光合成では無いのでCO2排出量は石油と変わらないということになります。

日本海はホンダワラ、暖かい沖縄や九州近海ではオーランチオキトリウムという使い分けもできますね。
また、品種改良によって更なる効率化や水温の低い場所への対応などが期待できます。
こういう技術こそ、躊躇することなく国家主導でどんどん進めていくことが必要でしょう。
他の国に先行されないよう適切な施策をとることが出来れば日本の未来は明るいと思います。
問題は今の政権でそのような判断が出来るだろうか、ということですね。

 

さらに突っ込んだ提言をするならば、国の愚策により水質が悪化している九州・諫早湾の潮受堤防調整池を大規模なプラントとして活用するのはいかがでしょうか。
つい最近、国の上告断念によって潮受堤防開門への道筋が出来ています。しかし、干拓農家にとっては調整池に海水が流入することを手放しに喜んでばかりは居られません。
諫早の愚作は漁民も農家も振り回す結果となってしまいました。

そこでオーランチオキトリウム養殖池として利用することを提案します。
改めてプラントを建設する手間は省けますし、水中の有機物も「豊富」です。塩分濃度調整もそれこそ自由にできます。

これは一つの提案ですが、「創エネルギー」+「省エネルギー」によって日本がエネルギー大国になることも決して夢物語では無いのです。

投稿者: kameno 日時: December 18, 2010 11:08 PM

コメントを送る