大賀蓮植替え作業2021

貞昌院で育てている大賀蓮(古代蓮)の鉢は、冬から初春にかけてはこのような様子になっています。
数日前には氷が張っていた水面も、今日は暖かい一日となりすっかり解けています。

20210221-02

しかし、土の中では蓮根が成長して次の世代への準備を進めています。
昨年の植替えから1年経過していますので、土が固まってしまっています。
また、蓮根が土の中で絡まるように成長していますので、植替えが必要になるのです。
これを行わないと良い花を咲かせてくれません。

20210221-03

冒頭の状態から土を掘り起こして、泥を落としながら少しづつ引き上げていきます。
古い根と、新しい根を分け、古い根は取り除きます。

新しい根には、もう新芽が伸び始めています。
芽を折らないよう、静かに静かに引き揚げます。

こんなにたくさんの蓮根が収穫できました。

20210221-0920210221-0620210221-07

蓮根は長く連なっていますので、3節程度に切り分けていき、新し土と肥料を加えて植替えていきます。

20210221-0420210221-08

20210221-05


今年もも美しい花を咲かせることを期待します。

投稿者: kameno 日時: February 21, 2021 10:12 PM

コメントを投稿