高輪ゲートウェイ駅と再開発

高輪ゲートウェイ駅の工事が進んでいます。

山手線・京浜東北線の新駅として設置される高輪ゲートウェイ駅は、は、品川駅ー田町駅間に位置し、来年・2020年春に開業予定となっています。
現在の様子です。

20191215-02

新駅のデザインは、建築家・隈研吾氏が担当し、日本の伝統的な折り紙をモチーフにした屋根形状が特徴です。
だいぶ形が見えてきましたね。

2019年11月15日から17日に行われた線路切替工事によって、山手線・京浜東北線の線路が東側にずらされました。
かつての山手線・京浜東北線の線路部分は、これから撤去され、再開発の敷地に供されます。

20191215-01

高輪ゲートウェイ駅周辺一帯は、品川開発プロジェクト1期(高輪ゲートウェイ駅周辺再開発)として、国道15号線から東側の一帯に広がる、山手線・京浜東北線のかつての線路部分および品川車両基地の跡地で進められています。。
完成すると、このような高層ビルが並ぶ光景に変貌します。

20191215-03
(上図は都市計画素案より引用)

詳細は、都市再生特別地区(品川駅北周辺地区)都市計画(素案)の概要 をご覧ください。

 

2019年11月15日から17日かけて行われた、山手線(内回り・外回り)および京浜東北線(北行・大宮方面)の線路切替工事によって、どのようにルートが変わったのか、比較動画を作成しました。
線路切替工事前後の京浜東北線前面展望の比較です。

東京オリンピックを契機に、東京都心のあちらこちらで大きなプロジェクトが進行しています。

投稿者: kameno 日時: December 17, 2019 11:59 PM

コメントを投稿