中の中日小豆飯

春と秋のお彼岸は、お墓参りをして所縁のある故人やご先祖様に思いを馳せる期間ですが、お彼岸特有のお供え物の習慣もあります。

「入り牡丹餅 明け団子、中の中日小豆飯」という言い伝えがあるとおり、彼岸の入りには牡丹餅(秋はお萩)、彼岸の中日には小豆飯、明けにはお団子を作ってお供えするのです。

20190923-01

境内で収穫した栗をたっぷり炊き込んだ小豆飯。
秋分の日、彼岸の中日にお供えしました。

20190923-02

今年のお彼岸中日は、台風一過の秋晴れの天気になりました。

投稿者: kameno 日時: September 23, 2019 8:59 PM

コメントを投稿