台風15号が関東直撃へ


強い台風15号 8日(日)夜以降 静岡・神奈川・千葉いずれかに上陸へ 首都圏中心に猛烈な風・雨に警戒

8日午後4時の台風15号の位置と予想進路図
強い台風15号は、強い勢力を維持し暴風域を伴って8日(日)夜遅くから9日(月)明け方にかけて関東または静岡県に上陸し、9日昼前にかけて関東甲信を通過する見込み。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

強い台風15号は、8日午後4時には伊豆大島の南にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルで、暴風域を伴っている。
台風は、このあとも伊豆諸島近海を北上し、強い勢力を維持し暴風域を伴ったまま8日(日)夜遅くから9日明け方にかけて関東または静岡県に上陸し、9日昼前にかけて関東甲信を通過する予想だ。
台風の雲域が比較的小さいため、接近する地域では急に風雨が強まり、波が高くなることに留意が必要。9日には、台風は進路を北東に変えて日本の東に達する見込み。
(ウエザーニュース 2019/9/8 17:09配信)


強い勢力を維持した台風15号が関東地方を直撃する見込みです。
記録的な暴風や高波、土砂災害、水害などに最大限の注意が必要になります。

気象庁による、この記事を書いている8日 午後5時45分の雨雲の状況は下記のとおりです。
最新の画像は、画像をクリックください。

20190908-01

 

また、注意するべき時間帯、および、気象警報などの情報はこちらをご覧ください

投稿者: kameno 日時: September 8, 2019 6:03 PM

コメントを投稿