赤穂義士祭の日の公演「不忠の義士」

泉岳寺には「忠臣蔵」で広く知られる、浅野家の四十七人の家臣「赤穂義士」を祀るお墓があります。
主君・浅野内匠頭の仇、吉良上野介を討ち取った12月14日には「赤穂義士祭」が催され、多くの方々が参拝されます。

その「赤穂義士祭」当日の泉岳寺において、『不忠の義士』の公演が行われました。


怪談 たたり三味線『不忠の義士』

場所/泉岳寺講堂 (東京都港区高輪2ー11ー1)
日時/平成30年12月14日(金)                                         
      第1回 13時開場・13時30分開演 / 第2回 15時開場・15時30分開演 (上演時間約50分)  

女優まつむら眞弓が語る「京の創作怪談シリーズ」最新作であるこの朗読劇は、忠臣蔵を背景の題材として、魔性の三味線に魅入られた若い男女の悲恋を描く作品です。
今夏、京都法然院での初演を皮切りに奈良、横浜…と各地で再演を重ねて参りましたが幸いにもご好評頂き、ついに東京での上演が決定しました。
それも、討ち入り当日である12月14日、会場は四十七士ゆかりの泉岳寺です。
数多くの赤穂義士ファンが訪れるこの日の、言わば聖地での公演は全ての舞台装置が整った二度とない機会となるでしょう。
この夢のステージを特別ゲスト河合絃生氏による三味線の生伴奏付きでお贈り致します。

朗読/まつむら眞弓
三味線伴奏/川合 絃生


泉岳寺講堂を使わせていただき、京都祇園の御座敷を再現します。

20181214-23

「この三味線は人に・・・たたるんどす」
元禄十五年秋の夜、京都祇園のお座敷で、一曲を弾き終えた芸妓が語り始めた。
赤穂浪人 橋本平左衛門と遊女お初、蜆川(しじみかわ)心中の謎・・・
それは魔性の三絃(さんげん)が奏でる、妖しく切なく怖ろしい物語。

20181214-21

20181214-2820181214-37

2回の公演とも、開場とともに満席となる大盛況でした。

20181214-2520181214-26

会場入口には、展示コーナーもあり、吉永小百合さんから届いた花も飾られておりました。

20181214-2720181214-24

無事公演を終えて。

出演のまつむら眞弓さん、川合絃生さん、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
また、泉岳寺さまには会場を使わせていただくことを快諾いただき、心より感謝申し上げます。

20181214-38

投稿者: kameno 日時: December 14, 2018 11:57 PM

コメントを投稿