蝉の羽化がピークに

貞昌院境内のあちらこちらで、この時期夕方には蝉の羽化(幼虫から成虫への変態)が見られます。
特に墓地入口のメタセコイヤの木は絶好の場所のようで、毎日のように何匹もの蝉たちが羽化しています。

羽化の様子を写真で撮影しました。

土の中から這いだしてきた幼虫は、木を登り始め、気に入った場所で留まり、羽化のタイミングを待ちます。

夕方5時ごろ、いよいよ羽化の開始。背中が割れて、成虫が抜け出てきます。

20180724-01

胴体の半分くらいが出たところで、しばらく体が硬くなるのを待ちます。

20180724-02

羽も少しづつ伸びてきました

20180724-03

20180724-04

20180724-05

20180724-06

午後6時。
さかさまになって時期を待っていた蝉は、反転し、頭を上に姿勢を整えます。

20180724-07

ここで、一気に羽が伸びてきました。

20180724-08

20180724-09

20180724-10

20180724-11

見る見るうちに、羽が伸びていきます。

羽がほぼ伸び切ったところで、数時間、羽が硬化するのを待ち、やがて飛んでいきます。

20180724-12

20180724-13

20180724-14

この蝉が羽化した場所は、蝉たちにとってお気に入りの場所であるようです。
たくさんの抜け殻が風に揺られていました。

20180724-00

投稿者: kameno 日時: July 25, 2018 1:20 AM

コメントを投稿