オタマジャクシからカエルへ

蓮鉢の中で育っているオタマジャクシから4本の足が生え、鉢の縁や蓮の葉の上に上るようになってきました。

20180501-0320180501-01

気の早い個体は、もう鉢から飛び出して地面の上を飛び跳ねています。
もう半分ぐらいの個体が巣立っていきました。

20180501-02

カエルは種類にもよりますが、オタマジャクシ・カエルの時期とも、呼吸の半分程度は皮膚呼吸によって行われます。

オタマジャクシの時期は、皮膚呼吸、エラ呼吸、そして少なからず肺呼吸もすでに行われている種もあります。
成長に従って、エラ呼吸の割合が減少し、皮膚呼吸と肺呼吸へと変化し、水中の生活から水辺の生活へと移り変わっていきます。

多くのオタマジャクシがカエルとして旅立っていきましたが、このうちどれくらいの個体が帰ってくるのでしょうか。
たくましく生き延びて欲しいものです。

投稿者: kameno 日時: May 2, 2018 1:29 AM

コメント: オタマジャクシからカエルへ

こちらで、まだ寒いうちからゴミみたいな黒いカエルが出てきますが、それもシュピーゲルでしょうか?

投稿者 鑑維小林 | May 2, 2018 12:01 PM

小林老師
シュレーゲルアオガエルは、ヒキガエルよりも少し後(繁殖期は5月頃で水田の卵塊から生まれ、7月頃に小さなカエルの形になりますので、もしかしたら違う蛙かもしれません。

投稿者 kameno | May 3, 2018 10:40 AM

ご回答有難うございました。

投稿者 kobayashi kanyi | May 4, 2018 1:30 PM

コメントを投稿